社会

スマホの間違った使い方で悪化する新・現代病「五十肘」のメカニズムとは?

 四十肩ならぬ「五十肘(ごじゅうひじ)」なる病気が、中高年の間に急速に広がっているという。これまでヒジの酷使による激痛は、ブルーカラーの患者が中心だったが、ここにきて状況が一変。スマートフォンやキャリーバッグの濫用により思わぬ症状に悩まされている人が激増しているのだ。ひどい場合には不眠症になるというこの「新現代病」の実態に迫っているのが、3月19日発売の週刊アサヒ芸能3月28日号だ。

 中でもここにきて、増加が顕著なのが、スマホの長時間の使用による発症例だ。誰もがやりがちな、スマホの持ち方や、体の体勢によっても症状が悪化するのだという。

 ほかにも握る動作を繰り返すようなスポーツや作業、パソコンのキーボードを打つ態勢など、日常の様々な局面で、注意点があるという。「五十肘」に見舞われたという患者の証言と専門医による症例の解説、あわせて、兆候が一発でわかるチェックリストも紹介しながら、わかりやくすく、その意外な発症のメカニズムを、アサヒ芸能ではレポートしている。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!