スポーツ

“求道者”イチロー、ついに「引退包囲網」が張り巡らされた!

 3月20~21日は、12年以来実に7年ぶりとなる、MLBの日本開幕戦が東京ドームで開催される。注目は、マリナーズ・イチロー(45)の凱旋出場である。

 ところが肝心のイチローは周知のとおり、オープン戦でまったく結果を残せなかった。開幕シリーズのロースター(選手枠)28人には入ったものの、18打席連続無安打を含む25打数2安打で打率は1割にも満たない8分。直近のイチローを取材した在米スポーツ紙特派員が語る。

「打撃投手を相手にしての練習ではサク越えを連発し、どの同僚よりも打っている。だからバットコントロールの技術はさびていないんです。でも、オープン戦などの実戦で“生きた球”を相手にすると全然打てない。速球には差し込まれ、変化球にはまったくついていけていない。私が見た打席では、変化球を振らされてバットとボールの距離が一目瞭然でした。あんなイチローは初めて見ましたよ」

 昨年の5月3日、イチローは残りシーズンをチームに帯同するものの試合には出場できない「球団会長付き特別補佐」としてフロント入りすることを発表。そして今年1月24日に、再びマリナーズと選手としてマイナー契約を結んだ。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

「昨季は試合前の打撃練習には参加はしていましたが、やはり試合勘は別物、実戦に出続けないと養えない。もちろん不調の原因には、肉体的な衰えもあるでしょう。スイングスピードが遅ければ、当然155キロのスピードボールには対応できません。反応速度や、動体視力も落ちてきている。残念ながら、現時点ではメジャーのレベルに達していないと言わざるを得ません」

「引退」の二文字までチラつくが、本人は現役続行に極めて前向きのようだ。野球の求道者として、わが道を行くイチロー。しかしその思惑とは裏腹に、各方面から「引退包囲網」が張られようとしているのだ。

 3月19日発売の週刊アサヒ芸能3月28日号では、イチロー包囲網を巡る「深層」を徹底取材してレポートしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小林麻耶、「キンスマ」出演に「芸能界を引退したんじゃなかった?」の大合唱
2
もはや捨て駒状態の「あなたの番です」、次回作は賀来賢人のコメディか!?
3
ノー肌着orT型!? 青木愛、「ヒップ割れ目が見える」歩き姿に視聴者が大興奮
4
デキ婚で納得!川栄李奈、「家政夫のミタゾノ」の扱われ方に「変だった」の声
5
「チコちゃん」に出演?「新しい地図」テレビ完全復帰までの仰天プラン