芸能

美女アナがハマる「会員制秘密交際クラブ」の実態(1)TBS・山本里菜が赤ベンツ王子と出会ったのも…

「やっぱクリステルさんはすごい! トップオブトップです」と、ネット番組で賛辞を送るのはテレビ朝日の弘中綾香アナだ。美女アナが球場でプロ野球選手を物色していたのは過去の話。未来の総理候補や資産100億円男を求めて集う秘密の会員制クラブ。その模様を忖度ナシでガチ実況する。

 滝川クリステル(41)との電撃デキ婚をきっかけに、複数の美女アナとの交際歴が発覚した小泉進次郎氏(38)。政界のプリンスに、「女子アナキラー」の一面があったとは驚きだが、

「裏を返せば女子アナ側もハイスペックなオトコを狙って合コンを繰り返しているということですよ」

 こう指摘するのは放送関係者だ。さらに実名を挙げて解説するには、

「『週刊文春』の報道で、進次郎氏と交際歴があったとみられているTBSの皆川玲奈アナ(28)、テレビ朝日・山本雪乃アナ(27)はいずれも合コン好きで知られています。業界内では『さもありなん』という見方が広がっています」

 その背景には、美女アナたちによる「合コン裏ネットワーク」が存在するというのだ。40代の会社経営者A氏が声を潜める。

「各局の女子アナとカネ余りの独身オトコが都内のタワーマンションに集い、カップル成立を前提とした『肉食系さながら秘密交際クラブ』を定期的に開催するネットワークがあるんですよ」

 みずからも女子アナとのパーティーに参加したA氏に詳細を聞くと、

「私は知人のIT社長の紹介で交ぜてもらったのですが、私が参加した日は、プロ野球選手との交際がささやかれていた若手アナや早朝の番組に出ている美人アナらが参加していました。会員制のため男性陣の参加条件はきわめて厳しく、最低でも年収2000万円はないと参加できません。当然ながら、ここに来る女子アナとつきあうには、破産するほどの散財を覚悟しなければならないと言われているんです」

 そんなA氏が参加していたパーティーは、まさに有名アナのたまり場だった。

「“赤ベンツ王子”こと外資系金融機関に勤務するエリートサラリーマンとTBSの山本里菜アナ(25)。写真週刊誌にイチャつき写真を撮られた2人も、この秘密パーティーで出会ったそうなんですよ」(A氏)

 自身の年収が2000万円少々というA氏は、女子アナ陣からほとんど相手にされなくてショックを受けたとも。もっとも、A氏と親交があり、メディア露出の多い有名社長が「年収3000万円」を武器に、人気ナンバーワンの加藤綾子(34)に猛アプローチを仕掛けたというのだが‥‥。

「年収を告白したら鼻で笑われた、と言っていました。まだフジにいた頃の話ですが、そんなものなんでしょうね」

 A氏はこう言って苦笑いするばかり。誰もがオトせるわけではなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意