スポーツ

“タマに被弾”後にHR打てた?清原和博が片岡篤史に意外なベスト打者を告白

 清原和博氏が元プロ野球選手の片岡篤史氏のYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉に出演したのは、4月28日投稿回。清原氏は片岡氏に問われる形で、自身が思う「ベストバッター3人」を振り返った。

「実際にホームラン打つんやったら、左やったら松井(秀喜)ちゃうか」

と開口一番、読売ジャイアンツの戦友の名前を口にした清原氏に、片岡氏が、

「当時、門田(博光)さんおられたじゃないですか、南海ホークスの。どんな感じですか?」

 と通算本塁打数、通算打点数ともに歴代3位の記録を持つ名スラッガーの名前を挙げた。

「ああ!門田さんはえげつなかった。(ファーストで)守ってて一番怖かったのは門田さんやったな。スイングが早くてえげつないから…」

 と清原氏は、ルーキーの時、門田氏の打球を股の間に当てて、防御用のカップが割れたという身も縮むような痛々しい体験をしたことを明かした。コーチから「交代するか?」と聞かれたが、ルーキーの年に途中交代はできないと苦痛を堪えて無理にその試合に出場を続けたという清原氏。ところが、このアクシデントで力が抜けたのか、その日はそれまで安打がなかったが、次の打席でホームランを打ったという驚きのエピソードまで飛び出したのだった。

 結局清原氏が選ぶベストバッターは、ライトにホームランを打つ松井秀喜氏、レフトにホームランを打つ秋山幸二氏、そして門田博光氏の3名となったようで、ホームランバッターの清原氏らしい人選となった。

 ホームランと言えば、時代が違えば王貞治氏、野村克也氏がいて、近年では埼玉西武ライオンズの中村剛也、山川穂高も頑張っている。さて、あなたが選ぶベストバッターは?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)