芸能

「あまちゃんロス」にはさせねえ!(3)松田聖子のクレームで「不」完全DVD化!その2

20131017o

「放送禁止映像大全」(文春文庫)の著者である天野ミチヒロ氏はこう話す。

「ドラマで本放送とDVDで異なった例は過去にもいくつかあります。しかし、出演者ではない人物からクレームを受けてカットされたケースとなると、あの細木数子のクレーム以来となりますね。06年にフジテレビで放送された『トップキャスター』第3話で、人気占い師のインチキが暴かれるというストーリーなのですが、その占い師が『地獄に落ちるわよ』と話し、明らかに細木をモデルにしていたため、細木サイドから圧力がかかり、1話まるごとDVDには収められなかったのです」

 それを思えば、セリフの一部がカットされただけで済んだ聖子のクレームはかわいいものかもしれない。

 それでも、「あまちゃん」のDVDボックスが「完全版」とうたうのには疑問が残る。他にもカットされたシーンがあるのだ。

 例えば、第47話の北鉄の倉庫でアキと種市先輩との初めてのラブシーン。

「その火を飛び越えて来いって意味ですよね、先輩」

 アキは言うと、たき火から遠ざかり、ジャンプしようとする。放送では、スナック梨明日で駅長の大吉がヴァン・ヘイレンの「Jump」をカラオケで熱唱するシーンがカットインされていた。アキの勘違いと相まって、実にコミカルなシーンだった。

 ところが、DVDでは熱唱部分がカット。いきなり現れた副駅長の吉田がアキを押しのけて、火を飛び越えるというオチがちっとも笑えないことに‥‥。

 これらのカットの理由を聞こうと、NHKエンタープライズに取材を申し込んだが、

「確かに、(ぶりっ子の)セリフは入っておりませんが、DVDには『このビデオプログラムには放送時と異なる箇所があります』と明記してあります。聖子さんのクレームの件はわかりかねますが、楽曲に関しては許諾が下りなかったということになります」

 こちらも不完全な回答しか得られなかった。

「本放送は貴重だということです。私は危険だなと感じたものは録画するようにしています」(前出・天野氏)

 完全版は自分で作るしかないのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も