芸能

山田邦子を「司会でも成功」に導いたアノ“先輩芸人”「説得力ある一言」!

 山田邦子と言えば、1981年から89年まで放送された人気お笑い番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)を始め、クイズ番組「クイズ!年の差なんて」(フジ系)、バラエティ番組「MOGITATE!バナナ大使」(TBS系)など数多くの人気番組に出演。また、89年から92年まで放送された「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(フジ系)を代表するように、自身の名前が入った冠番組を持つようにもなり、「唯一天下を獲った女性ピン芸人」の呼び声も高い。

 そんな山田が、自身のYouTubeチャンネル〈山田邦子 クニチャンネル〉で、ピン芸人としてデビューした当時を振り返り、司会業ができるまでに成長したのは、ある大物“先輩”芸人の言葉のお陰だったと明かしている。その人とは、かつて芸能事務所・太田プロダクションで先輩・後輩の関係にあった、ビートたけしだ。4月1日付けで〈【ビートたけし山田邦子の生き方を変えた言葉について【名言】〉と題して公開された投稿回だが、当時、番組収録では自身のネタ部分が終わると、あとは他の共演者の話も聞かずボーッとしていたという山田。それを見かねたたけしが、「お前さあ、ネタのとこだけが仕事だと思ってないか?エンディングやオープニングも仕事なんだよ。(中略)『アハハ』でもいいから参加しろ」と、そうでなければ編集でカットされていなかったことになると指摘したという。

 前に出ることが得意ではない山田だったが、それから人の話を聞いてリアクションするようになり、「司会ができるようになって」と振り返ったのだった。

 芸歴40年を数える山田。たけしの説得力ある一言がなければ、「唯一天下を獲った女性ピン芸人」は生まれなかったかもしれない、興味深い話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故