芸能

川口春奈、7年ぶりの連ドラ主演に至る道のりがドラマチックだった!

 女優の川口春奈が4月20日スタートの主演ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)に向けて集中モードに入っているようだ。

 4月1日に更新したインスタグラムで川口は「毎日、曜日感覚もなく昨日なんの仕事してたかも思い出せない」と告白。毎日ドラマの撮影が続く中、多忙な生活を送っていることを感じさせる。YouTubeチャンネルの「はーちゃんねる」では3月28日に、オーダーメイド枕を作ってみた動画を公開。「どんな枕でも寝られる」と語りつつ、より良い睡眠を取るために枕や寝具にこだわるようになったと語る姿からは、主演ドラマに懸ける思いが伝わってくるかのようだ。

「女優として順調なキャリアを築いている川口は、昨年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が大きな話題になったほか、木村拓哉主演のスペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)にも出演。2019年の『イノセンス 冤罪弁護士』や昨年の『極主夫道』(いずれも日本テレビ系)ではヒロイン役が続いています。しかし主演ドラマとなると今回の『着飾る恋には理由があって』が、20代になってからは初めてだというのですから驚かざるを得ません」(テレビ誌ライター)

 26歳になってやっと、久しぶりの主演ドラマに至った川口。年下の広瀬すずや橋本環奈らの活躍とはずいぶんと対照的だが、その長いブランクにはどんなワケがあるのだろうか。

「中1でティーン誌の専属モデルとして芸能デビューを果たし、いまや芸歴は15年にも及ぶ川口。若い頃から順調なキャリアを積んできたように思えますが、十代後半からしばらくのあいだ『低視聴率クイーン』という不名誉な評価を受けてきた経歴があるのです。一時期は本人も視聴率恐怖症に陥っていたとの報道もあるほど。それが『麒麟がくる』などでの活躍により女優としての評価を取り戻し、今回の主演復帰に漕ぎつけました。そんな彼女の女優人生は、まだ26歳ながら実に起伏に富んでいるのです」(前出・テレビ誌ライター)

 川口がたどってきたドラマチックな足跡は、4月5日発売のエンタメ誌「アサ芸Secret! Vol.69」に掲載されている特集「川口春奈の華麗なる復活には理由があった!」が詳しく報じている。はたして彼女の女優人生にはどんな山や谷があったのか、あらためて振り返ることで今回の主演ドラマをより深く味わえるのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」