芸能

ケンコバ、女医から聞いた「コロナワクチン接種後の“夜の営み”」に大興奮!

 コロナワクチン接種後の練習中に倒れ、治療が続けられていた中日ドラゴンズ・木下雄介投手が、8月3日に入院先で亡くなっていたことがわかった。8月7日の「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、ワクチン接種後の激しい運動は避けたほうが良い可能性があるという。

「『ゲンダイ』によれば、現時点でワクチンとの因果関係はわかっていないものの、海外でも激しい運動をして倒れたケースが報告されているとのこと。またゲンダイの取材に答えた循環器専門医は、『ウエートトレーニングなど瞬間的に力を出すような無酸素運動は心臓に大きな負担をかけてしまいます』と話し、因果関係は不明なものの『ワクチンの副反応として心血管系トラブルが疑われているとなると、ワクチン接種後の運動には注意が必要です』と呼びかけています」(ウェブライター)

 そんな中、ケンドーコバヤシも8月7日に放送された、自身がDJを務めるFM大阪のラジオ番組で、2回目のワクチン接種を終えたことを報告。その際、担当女医の対応に興奮したエピソードを明かした。

「1回目のワクチン接種時、担当の女医から『何か質問ありませんか?』と言われたケンコバは、この後トレーニングなどをしても大丈夫かと質問。すると、激しい運動や過度な飲酒など、血行を良くすることは控えるようにと女医に言われたのだとか。さらにその後、ハラスメント的な意味でなく、パートナーのために夜の営みをしても問題ないかどうかもまじめに質問したとのこと。この質問に女医は、ケンコバのほうに顔を寄せてきて『大人な感じなら大丈夫ですよ』と優しく囁いてきたそうなんです。彼女はマスク越しでもわかるほど美人女医だったことから、ケンコバは大興奮状態に。そのため、次の仕事まで時間があったこともあり、急いで家に帰って1人で発射してしまったのだとか」(テレビ誌記者)

 コロナワクチンの接種が進む中、美人女医に担当されたケンコバには羨望の声が集まりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
4
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
5
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」