スポーツ

巨人「本塁憤死3連発」を生んだ元木ヘッドコーチは「壊れた信号機」なのか

 2度あることは3度ある──。去る5月4日、マツダスタジアムで行われた「広島×巨人」戦での珍事である。

 巨人は4連敗で迎えたこの一戦、3回に吉川尚輝のライト前ヒットでランナーの大城卓三が三塁を蹴るも、本塁でタッチアウト。続く4回には香月一也が、そして5回には大城が再度本塁に駆け込んでアウト…と、3回連続の本塁憤死となった。これは、三塁コーチャーズボックスに立つ元木大介ヘッドコーチの指示によるもので、「壊れた信号機」などと揶揄する声もネットに散見された。

 しかし、三塁コーチャー経験もあるプロ野球OBの高木豊氏は、後続のバッターや点差、チーム状況など、様々な点を瞬時に考慮した結果であると、元木ヘッドを擁護。自身のYouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉で、持論を展開した(5月17日付け投稿回)。

 現役時代には加藤博一、屋敷要とともに「スーパーカートリオ」と称され、1984年には盗塁王を獲得した高木氏。

 高木氏は「三塁コーチャーの指示は絶対」としながらも、かつて「これは無理だろ。でも(三塁コーチャーが)手を回してるよ。行けー!」と本塁に突入してアウト、という経験があると告白。「やっぱりな、みたいな…」と、選手側からの見解も示した。

 ちなみに5月4日の試合は、3度の本塁憤死も「6-3」で連敗を脱した巨人。元木ヘッドの果敢な攻めの姿勢に、勝利の女神が微笑んだのかもしれない。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」