スポーツ

コミュ力がスゴイ!?元木大介、「そのまま監督も」の声が出る“高評価”のワケ

 昨年、巨人・原辰徳第3次政権とともに打撃コーチに就任、今年からは1軍のヘッドコーチに昇格を果たしている元木大介氏。

 現役時代には監督の長嶋茂雄氏から「クセ者」と呼ばれ、プロ野球の公式戦ではマレな隠し球で2度もアウトを奪っている。しかし、一方で練習嫌いでも有名だった元木氏に、本当にヘッドコーチが務まっているのだろうか?とお節介な疑念が頭をよぎるが…。

 05年の元木氏の引退を見送った元巨人の高橋尚成氏が、お笑いタレントのレッド吉田らが司会を務めるYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席~イージーパイ~〉、8月16日投稿〈【清原軍団】清原、元木が所属していたとされる軍団の真実!?誰も話さない読売ジャイアンツ裏話【高橋尚成】〉に出演し、「そのまま監督もありうる」と元木政権を予言する興味深い発言をした。

 そもそも元木氏はプレイヤーとしてだけではなく、人を“ノセる”能力に長け、嫌われることもできると高橋氏は絶賛。観点が違うことからも「いつ元木さん行くのかな」とコーチ就任は当然のことと見ていたそうだ。

 しかし吉田は、バラエティ番組でおちゃらけた姿も見せていた元木氏が球界復帰してやっていけるのかと首を傾げる様子を見せたが、高橋氏は「新たな改革をするのだとよく言っていましたよ。バラエティに出ても、野球界に戻れるんだって」と、元木氏の言葉を口にした。

 事実、バラエティ番組に出ていたことにより、若い選手はタレントとしての元木氏として接することができるため、コミュニケーションが取りやすくなっているのではないかと評したのだった。

 長嶋氏の監督引退に伴い、それまでヘッドコーチを務めていた原氏が02年に監督のバトンを受けている。元木氏もそれに倣った形での、監督就任もありうるのでは…と高橋氏は発言した。

 松井秀喜氏、阿部慎之助氏、次期監督候補には願望も交えて様々な名前が挙がってくるが、クセ者采配も見てみたい。はたして…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」