スポーツ

原辰徳が高木豊に打ち明けた選手時代の「巨人退団を決断寸前だった」秘話!

「(巨人をやめて)他の球団でやろうって、思った時期がある」

 巨人・原辰徳監督が衝撃的な発言を行った。この発言は、原監督が、プロ野球解説者の高木豊氏のユーチューブ・チャンネル(9月29日公開)に出演した時に飛び出したものだ。高木氏と原監督は同い年。現役時代は同じユニフォームを着ることはなかったが、交遊は大学時代からで、高木氏は「原監督がホンネを言える解説者」としても位置づけられていた。

「高木氏が原監督にインタビューする形式で収録されました。収録場所は東京ドームの監督室。不用意に出た発言が勝手にオンエアされたものではないはずです」(スポーツ紙記者)

 高木氏の質問が阿部慎之助の引退について及んだ時だった。原監督は「今年、監督(として通算)1000勝超えたんだけど、すべてを知っているのは彼だけだね…すべてを知っているのは彼だけ」と、言葉を重ねて、特別な選手であることを改めて伝え、自身の現役生活にも重ねるように話しを進めた。

 そこで飛び出したのが、冒頭の発言だ。原監督が巨人の選手を引退した、1995年の話のようだが、原監督はこう高木氏に打ち明けたのだ。

「(監督だった)長嶋(茂雄)さんが自分をちょっとこういう感じに自分をね(スタメンから外していた)。で、よし、他の球団でやろうって、思った時期がある。『まだできるぜ』って」

 しかし、父・原貢氏に「人生というものは余力を持って次に進むんだ。長嶋さんにあこがれて(野球を始め)、長嶋さんが死に水を取ってくれるっていう、これも素晴らしいじゃないか」と諭されたそうだ。そして、結果的にその年に現役を引退していたというのだが、原監督が冷静になって考えを改めなければ、原監督はもちろん、巨人の歴史も大きく変わっていたはずだ。

 動画では、阿部に対してもボロボロになったり、二軍に行って戻ってくる人ではなく、「余力を残して次に進めるほうが彼のためである」とも語っていた。原監督は今季の阿部に自身の現役最終年を重ねていたわけだ。

 阿部は昨今、「2020年まで現役を続けたいと思っていた」とも明かしている。原監督と阿部の信頼関係が改めて語られたわけだが、原監督の「巨人をやめて他球団で」秘話は、波紋を呼びそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」