スポーツ

巨人・原監督の後継は元木ヘッド!?石毛宏典がクセ者を推した“大胆予測”

 かつて現役時代には、巨人の終身名誉監督の長嶋茂雄氏に「くせ者」と言わしめた、現巨人のヘッドコーチを務める元木大介氏。明るいキャラクターから、引退後は長らくタレントとして活躍、球界復帰はないものと思われた。しかし、そんな元木氏を巨人に招聘した原辰徳監督の人を見る目もかなりのもので、現在、巨人がセ・リーグ首位を独走するのも、元木氏の明るいキャラクターゆえ…とも思えてしまう。

 そんな元木氏を「巨人の次期監督!」と予想し、その際には「使ってくれよな」と懇願メッセージを送る人がいた。主に西武ラインズで活躍した元プロ野球選手の石毛宏典氏である。石毛氏のYouTubeチャンネル「石毛宏典TV」で、10月15日に投稿された動画でのことだ。

 かつて巨人のファンブックで、元木氏は憧れの選手として、同じショートでもある石毛氏を挙げていたそうだ。だからと言うこともないだろうが、石毛氏は「元木大介のバッティングが一番シンプルで、理にかなった打ち方をしていた」と大絶賛。

 また、能天気な明るさのみならず、今年のキャンプではヘッドコーチの堂々とした雰囲気も醸し出していたことから、石毛氏は「原監督の後は元木さんがあるのかもしれません。そうなったら使ってくれな!」と笑いを誘った。

 現在は元木コーチのファンになったと公言する石毛氏。元木氏の監督姿もそうだが、かつて巨人にとって宿敵だった西武の石毛氏が巨人のユニフォームに袖を通す姿も見てみたいものだ。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来