スポーツ

ルール違反はむしろ佐々木朗希だ!あの「白井球審問題」をベテラン審判が正しく斬ったら…

 4月24日のオリックスVSロッテ戦で、ロッテの佐々木朗希に詰め寄った白井球審問題を審判目線でブッタ斬る──。

 元ベテラン審判員の山崎夏生氏(2010年引退)がプロ野球OBクラブのYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉でモノ申したのは、6月19日の投稿回でのことだ。

「やったことは正しいんですよ」

 と、まずは白井球審を擁護する。判定に不服を唱える態度の表れとして、投手はマウンドを降りてはいけない、という条文がルールブックにあるからだ。

 事実、マウンドを降りた佐々木はこれに当てはまり、球審が警告を与えることはむしろルールブックに則ったことだと主張。実はその1週間前にも、日本ハムの伊藤大海が同様にマウンドを降りて、石山球審が警告を与えたという。

 しかしながら、白井球審に落ち度があったとして、こうも解説した。

「マスコミの人たちも審判室に来たらしい。その時に『何も言う必要はありません。ノーコメントです』って言っちゃったね。なんで『ルールブックに則った行為でした』と説明しなかったのか。それがちょっと残念だったんですね。そうすれば、あんなに(報道が)大きくならなかったし、印象も違ってたんじゃないかと思うんですよ」

 さらに、「佐々木はこのルールを知らなかったのでは」といった話題にも及ぶ。同じくゲストで招かれた元西武の石毛宏典氏ですら、

「ピッチャーじゃないけど、そんなところ読まないもんね」

 と首を捻ったのである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」