芸能

泉ピン子の毒舌も屁のカッパ! 我が道を突き進む小林麻耶の鈍感力

 スタート以来、視聴率低迷が続く昼のバラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)。金曜のMCは雨上がり決死隊で、元TBSアナの小林麻耶(34)がレギュラーを務めている。

 5月16日放送で、主演ドラマ宣伝のため生出演したのが、泉ピン子。芸歴50年近いベテラン女優で、歯に衣着せぬ辛口トークが持ち味だが、そんな泉の口をアングリさせたのがブリっ子女子アナとして我が道を突き進んできた小林だった。

「新人時代に先輩アナから説教をされても笑ってごまかし、まるでこたえてなかった。得意技は涙。お局アナのお小言をシャットアウトし、周囲の男性を味方につける『必殺アイテム』を駆使して、荒波を渡ってきた。そのブレのなさは天下一品です」(芸能ライター)

「事件」は小林が出演する「麻耶の花嫁修業」コーナーで起きた。スパルタ指導が売りのマナー講師が小林を特訓、三十路で結婚に縁遠い小林を一人前に育てあげる企画だった。

 ところが、超天然の小林がボケまくる。来客時のマナーで、客の上座からお茶を出そうとし、肉じゃが作りで「どうやって切ればいいの~」と講師に甘え、まな板の上の牛肉を「(切る)勇気がない」とブリっ子トークで拒否し、まんまと切り抜けたのだった。

 一部始終を見ていた泉は、小林を「面倒くさい女ね~」と一刀両断。

「自分がかわいいことで売っている。無能な女」

 と吐き捨て、花嫁修業など論外とばかりに、

「お手伝いさんがいる家に嫁に行くしかないわね」

 と嫌味をぶつけた。ここまで言われれば、少しはへこむはずだが、小林は違っていた。「お手伝いさん、やりたいです~」と妄想トークで返したのだった。あきれた泉が「アンタなんか雇うところないわよ」とまくし立て、まるでかみ合わないまま終了した。

「あれだけメッタ斬りにされても、小林はヘラヘラ。みごとな鉄面皮というか、馬耳東風ぶりには誰もかなわない。並みのお笑い芸人より笑いが取れる天然キャラなのに、いかんせん周囲が持て余して完全にお荷物状態。あのマイペースぶり、いじられキャラをうまく受け止められる懐の深い男がいれば、タレントとしてもう一花咲かせられるのに。そう考えると、この時間に、もし『笑っていいとも!』が続いていて、タモリにいじられていれば……と考えてしまいますよ」(テレビ誌記者)

 昼の時間の「タモロス現象」は、こんなひとコマを見ても、まだまだ収まっていないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”