スポーツ

あぁ恨めしい!「WBCと大谷翔平」異常人気がサッカー森保ジャパンの船出を丸飲みする

 歴史は繰り返すのか。大谷翔平の超人的な打撃でさらにヒートアップする野球界を、サッカー関係者は苦々しい思いで眺めている。

 長年、サッカー日本代表を取材してきたベテランのサッカーライターは、次のように現状を口にする。

「昨年のカタールW杯で、日本代表はドイツ、スペインという強豪国を撃破し、決勝トーナメントに進出した。あれには日本中が沸きましたね。森保一監督やブラボー長友佑都らはテレビに出まくり、久々のサッカーバブル到来でした。ところがJリーグが開幕したというのに、スポーツニュースはWBCの話題ばかりですからね。サッカー協会の田嶋幸三会長以下、関係者はあまりいい気分はしていない」

 日本代表・森保監督の続投が決定。今後はアメリカ、カナダ、メキシコで3カ国共催する2026年W杯に向けてスタートを切る。すでに3月24日にウルグアイと、28日にはコロンビアと「キリンチャレンジカップ」で対戦することになっている。

 だが今回、最強と言われる侍ジャパンが順調に勝ち進めば、マイアミで行われる決勝戦は、日本時間3月22日。世界一を奪回すれば、第2次森保ジャパン船出の話題は、侍フィーバーの真っ只中で埋没することになりかねない。

「前回、決勝トーナメントに進出したロシア大会の時も、盛り上がったのは大会終了直後だけですからね。人気が長く続かない。ネット放送はありましたが、カタールW杯アジア最終予選のオーストラリア戦は、地上波の放送もなかった。サッカー界としては、前回の二の舞いは避けたいところでしょう」(スポーツ紙サッカー担当デスク)

 侍ジャパンが中国と戦うWBC初戦(3月9日・東京ドーム)では、日本代表の森保監督が始球式を務めることが決定している。だが今のところ、さほど大きな話題にはなっていない。

「侍ジャパン初戦の先発は、大谷翔平が有力視されています。現在の盛り上がりぶりなら、試合前の歓声は先発投手に向けられる。森保監督としては、冷静に投げられる雰囲気にはならない気がします。気の毒ですね」(前出・サッカーライター)

 世界規模で比べれば、サッカーは競技人口、ファンの数ともに、野球をはるかにしのいでいる。いくら大谷が参加するWBCとはいえ、サッカー関係者が嫉妬し、危機感を募らせるのは無理もないことだろう。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?