スポーツ

「超大穴」が急浮上! W杯日本代表「サプライズの男」が仕掛けた崖っぷち再起

 11月に開催されるカタールW杯サッカー日本代表のメンバー入りを目指し、CFのポジション争いが激化している。

 これまで日本代表のワントップといえば、大迫勇也(神戸)が不動のレギュラーに定着。が、3月に行われたW杯出場を決める大一番のオーストラリア戦はケガで欠場した。

 第10節を終えたJ1リーグでも、無得点と沈黙。本人もヒシヒシと危機感を感じているようで、4月9日にチームのオンライン取材に応じ、

「率直に言って、今のままじゃ(W杯メンバーに)選ばれないかなというふうに感じています」

 と、心境を吐露している。復調の兆しが見えないエースとは裏腹に、ライバルの古橋亨梧(セルティック)や浅野拓磨(ボーフム)、上田綺世(鹿島)は、ゴールやアシストでアピールを続ける。

 そんな中、「このまま活躍すれば、まさかの大逆転でサプライズもありえる」とサッカー関係者の間で秘かに注目されているのは、J2・横浜FCに所属する小川航基だ。

「10試合で10得点(4月20日時点)と大爆発しています。第7節の山形戦では、センターサークル付近で相手の強烈なチャージを受けながらボールをキープ。寄せてきた選手の股を抜き、ミドルシュートを決めたスーパーゴールをはじめ、ピンポイントでクロスに頭で合わせるなど、無双状態に。チームの首位独走の原動力になっています」(サッカーライター)

 今や鈴鹿に移籍した三浦知良に代わって横浜FCのアイドルになった小川だが、シーズン前は崖っぷちといえるほど、苦境に陥っていた。サッカーライターが続ける。

「高校時代はスター選手として注目を浴び、鳴り物入りで16年に磐田に入団。東京五輪のエース候補と期待されましたが、19年に水戸に育成型期限付き移籍するまでJ1リーグで取ったのは、わずか1ゴールのみ。20年に磐田に戻ってからもポジション争いに敗れ、ベンチ外になることも。『万能型のFWだけど、特徴がない』と、選手間で揶揄されました。そんなタイミングで、半ば再起を懸けて横浜FCに完全移籍。今年、結果が出なければ、三行半を突き付けられてもおかしくなかったんです」

 ドン底の状況から才能を開花させた小川。J2といえど、点を取り続ければ日本代表の森保一監督も無視することはできないはず。W杯代表発表で「超大穴」がサプライズ選出となるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?