スポーツ

「超大穴」が急浮上! W杯日本代表「サプライズの男」が仕掛けた崖っぷち再起

 11月に開催されるカタールW杯サッカー日本代表のメンバー入りを目指し、CFのポジション争いが激化している。

 これまで日本代表のワントップといえば、大迫勇也(神戸)が不動のレギュラーに定着。が、3月に行われたW杯出場を決める大一番のオーストラリア戦はケガで欠場した。

 第10節を終えたJ1リーグでも、無得点と沈黙。本人もヒシヒシと危機感を感じているようで、4月9日にチームのオンライン取材に応じ、

「率直に言って、今のままじゃ(W杯メンバーに)選ばれないかなというふうに感じています」

 と、心境を吐露している。復調の兆しが見えないエースとは裏腹に、ライバルの古橋亨梧(セルティック)や浅野拓磨(ボーフム)、上田綺世(鹿島)は、ゴールやアシストでアピールを続ける。

 そんな中、「このまま活躍すれば、まさかの大逆転でサプライズもありえる」とサッカー関係者の間で秘かに注目されているのは、J2・横浜FCに所属する小川航基だ。

「10試合で10得点(4月20日時点)と大爆発しています。第7節の山形戦では、センターサークル付近で相手の強烈なチャージを受けながらボールをキープ。寄せてきた選手の股を抜き、ミドルシュートを決めたスーパーゴールをはじめ、ピンポイントでクロスに頭で合わせるなど、無双状態に。チームの首位独走の原動力になっています」(サッカーライター)

 今や鈴鹿に移籍した三浦知良に代わって横浜FCのアイドルになった小川だが、シーズン前は崖っぷちといえるほど、苦境に陥っていた。サッカーライターが続ける。

「高校時代はスター選手として注目を浴び、鳴り物入りで16年に磐田に入団。東京五輪のエース候補と期待されましたが、19年に水戸に育成型期限付き移籍するまでJ1リーグで取ったのは、わずか1ゴールのみ。20年に磐田に戻ってからもポジション争いに敗れ、ベンチ外になることも。『万能型のFWだけど、特徴がない』と、選手間で揶揄されました。そんなタイミングで、半ば再起を懸けて横浜FCに完全移籍。今年、結果が出なければ、三行半を突き付けられてもおかしくなかったんです」

 ドン底の状況から才能を開花させた小川。J2といえど、点を取り続ければ日本代表の森保一監督も無視することはできないはず。W杯代表発表で「超大穴」がサプライズ選出となるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史