スポーツ

阪神「長期ロード」でも岡田彰布監督がニンマリの広島「屋外21試合」の地獄

 8月1日の中日戦(バンテリンドーム)から夏の長期ロードに突入した阪神。毎年8月は高校球児に甲子園を明け渡し長期遠征に出るが、かつてはこの期間中に成績を落とすことが多く「死のロード」と呼ばれていた。

 今はホームゲームとして京セラドームを使用し、ビジター試合でもドーム球場が増えたため選手への負担が減ったが、夏の長期ロードについて1日放送の「す・またん!」(読売テレビ)で阪神OBの鳥谷敬氏が話していた。

 番組では1981年8月に阪神の選手たちが新幹線で死のロードに向かう様子を映した貴重映像を公開。車内インタビューで当時27歳の若菜嘉晴選手が「僕は遠征のほうがいいですわ。女房子どもと離れられるから」と答える場面があった。

 これについて鳥谷氏は「今言ったら大変なことになりますよ」と笑わせつつ、

「でも27歳なので子どもが小さい。それで睡眠とかそういうのが変わってきたと思います」

 とコメント。

 また岡田彰布監督が長期ロード前のインタビューで「涼しいところでできるので選手が楽になる」と話していたことに対して鳥谷氏は、当然、試合が楽というのもあるが、実は練習時間が一番暑く消耗が激しいため、練習を涼しい中でできることが大きいとした。

 今季、ロード4週間の阪神はドーム14試合、屋外9試合、広島はドーム3試合、屋外21試合、DeNAはドーム6試合、屋外18試合。

「上位3チームでこの差は大きいですね?」と振られた鳥谷氏は、

「めちゃくちゃ大きいです。広島21試合って聞いただけで疲れますよね。ほとんど広島(マツダスタジアム)でやる試合になってくるので、めちゃ暑いと思います」。

 阪神にとっては長期ロードが2位、3位チームを突き放すチャンスになるかもしれない。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ