スポーツ

岡田監督が藤本コーチにチクリ「ノイジー本塁突入アウト」で阪神ベンチに募る「モヤモヤ」

 7月6日の広島戦(マツダスタジアム)で4-0と完封負けした阪神。

 敗戦は仕方ないにせよ、阪神ファンの間で物議を醸したのが、この日、唯一の反撃機を生かせなかった場面だった。

 3点を追う7回2死一塁から、代打・渡辺諒が左翼線を破る二塁打。1塁走者のノイジーは全力疾走で3塁を回って本塁に突入したが、滑り込まずにタッチアウト。これにSNS上では「怠慢プレーや」「鈍足なのに回したコーチャーが悪い」「そもそも代走出しとけや」といった意見が見られた。

 岡田彰布監督は試合後「3点差やん。3点差で(3塁コーチャーが)回すと思てなかったけどな」と語り、一方のノイジーはこう代弁している。

「捕手の位置から見て送球が自分(の背中)に当たるのではと思った。捕手が捕球した段階ではタイミング的にアウトだったので、捕手も自分もケガをするのはよくないと思ってスライディングしなかった」

 この場面について野球解説者の里崎智也氏は、7日に更新した自身のYouTubeチャンネルで岡田監督に同調し、7回3点差の場面でノイジーを回した藤本敦士3塁コーチの判断ミスを指摘。

 一方、サンテレビで解説していた阪神OBの鳥谷敬氏は、

「スライディングして欲しかった。完璧な送球でアウトかもしれないですけど、スライディングしてタッチアウトで終わって欲しかったプレー」

 と、こちらはノイジーに苦言を呈している。

 このところ打線が振るわず、連勝もない阪神。ファンもチーム内もモヤモヤする場面が増えている。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒