芸能

NHKスキャンダル紅白 迷シーンを誌上再放送(2)

マンネリだと言われながらも、コンスタントに視聴率40%を叩き出す紅白歌合戦。歌手陣だけでなく、取りしきる司会者の緊張も相当なもののようで・・・・。

 84年の第35回放送で大トリを務めたのは、年内での引退を宣言していた都はるみ(63)。会場は異様な盛り上がりを見せ、歌い終えると異例のアンコールが起きた。都はそれに応え「好きになった人」を歌うも、感極まって声にならなくなる。出演者全員が彼女を囲んで励ましながらの大合唱。そんな感動の真っただ中で「事件」は起きた。
「もっともっとたくさんの拍手を、ミソラ・・・・ミヤコさんに」
 総合司会・生方恵一アナの大失態だった。生方アナは翌85年に大阪放送局へ異動し、その年限りで退局。後年になって、生方アナはこう語っている。 「ロウソクの炎が燃え尽きたように崩れ落ちていくはるみちゃんの姿を見た時、美空ひばりに並んだな、ととっさに思ったんです。その結果が『ミソラ』でした」
 その2年後に冷や汗をかいたのが、白組司会を務めた加山雄三(74)だ。この年のトップバッターは少年隊。曲は「仮面舞踏会」である。張り切って曲紹介をしようとした加山だが、なんと「仮面ライダー」と言い間違えてしまった。
「本番前の控え室で、仮面ライダーみたいなタイトルだな、と話していたのが、つい口をついて出てしまった、と弁明していました」(芸能記者)
 05年に白組司会を務めた山本耕史(35)は、
「山川・・・・あっ、ごめんなさい。前川清さんです」とやってしまった。
「歌い終えた前川が『山川でした』と自己紹介。総合司会のみのもんたは『これが紅白の魅力なのよねぇ。その昔、美空さんって言った人もいるんだ』とフォローして笑いに持っていきました」(テレビ誌記者)
 緊張のあまり別人の名前や曲名を口走った3人と違い、確信犯的暴言を発したのが90年の長渕剛(55)だった。この年、東西が統一されたドイツ・ベルリンからの中継で出演した長渕は開口一番、
「こっちはタコばっかり」と同行のNHKスタッフのダメさかげんを暴露、視聴者をアゼンとさせる。  さらには17分間にわたって時間を独占し、3曲も熱唱。この一件は上層部の逆鱗に触れ、長渕は約10年間、NHKを出入り禁止となった。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明