社会

加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

 SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。

「盛らないブームの火付け役となったのが、Z世代で大人気となっているSNS『BeReal(ビーリアル)』です。これは1日1回ランダムな時間帯に通知が届き、通知が届いたら2分以内に写真を撮影して投稿しなければならない。加工もできないため、友達同士で共有して互いの素の姿を楽しむといった使い方をされているのですが、今やあの『TiktTok』に迫る勢いで利用者を増やしているんです」

 また、最近では「証明写真ボックス」も人気となっている。証明写真は身分証の撮影に使われるものだが、「盛ることできないプリクラ」として利用する若者たちが急増している。SNSに投稿された写真やスマートフォンのカバーに挟んでいる女性を見たことがある人もいるだろう。

 なぜ、若者たちは「盛らない」傾向にあるのか。

「理由としては大きく3つあります。コロナ禍で3年間マスク生活が続き、中には高校3年間を教室でもマスクで過ごさざるを得なかった子供も多くいる。そんな中、もっと互いに素顔でコミュニケーションを取りたいと考える若者が増えたことが1つ。2つめは『盛り疲れ』もあるでしょう。写真を撮影するたびに加工アプリを立ち上げ、撮影したものをデコレーションして出来上がった画像はみな同じ顔をしたAIアバターのようですからね。そして3つめは、レトロブームの影響。Z世代の間では空前の昭和レトロ、平成レトロブームが到来していることから、『写ルンです』ようなありのままの姿しか撮れないものに『エモさ』を感じているのではないでしょうか」(フリージャーナリスト)

 おじさん、おばさんにとっては盛れないのが当たり前だったが、今の若者たちには「盛れない」ことこそが新しいのかもしれない。

(小林洋三)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)