スポーツ

【3軍故障班】巨人・大勢は「実質2、3年で終わった」与田剛と同じ道を辿るかもしれない「危険度」

 2月13日から3軍の故障者班に合流した巨人・大勢に「第2の与田」を心配する声が聞こえてきている。

 与田とは前中日監督の与田剛氏のことだ。与田氏は1989年のドラフト1位で中日に入団。最速157キロのストレートを武器に、1年目からフル回転した。当時の星野仙一監督から絶大な信頼を置かれ、新人としては当時最多となる31セーブを挙げ、最優秀救援投手と新人王のタイトルを獲得した投手だ。

 だが、翌年は背筋痛に泣き、3敗2セーブでシーズンを終了。1992年には2勝5敗23セーブとまずまずの成績を残したが、自慢のストレートは、平均で10キロ近くも減速してしまう。その後はロッテ、日本ハムと渡り歩いたが、満足な成績を残すことができず、2000年に現役を引退している。

 その与田氏と入団3年目の大勢が置かれた状況が、酷似しているというのだ。長年、プロ野球に取材に携わる遊軍記者は、次のように話す。

「与田氏が実質2、3年でプロ野球選手として終わってしまったのは、明らかに1年目の登板過多が影響しています。大勢もルーキーイヤーに、原辰徳前監督に酷使されたと言えます。2人とも能力はあるものの、長いシーズンを戦い抜くだけのスタミナ、体力がついていなかった。過保護にする必要はないが、彼らの野球人生を考えれば、無理をさせる反動は予想できたはずです」

 名将と呼ばれた野村克也氏もかつて「ペナントを勝ち抜くには、投手の1人や2人は潰す覚悟がないとダメだった」と話したことがある。それでも、通常はヘッドコーチや投手コーチが監督に対し、投手起用に歯止めをかけるもの。だが、星野氏も原前監督も勝負が最優先の指揮官で、他人の意見にはなかなか耳を貸さないタイプだった。

 まして大勢は、関西国際大学では3年生の秋に右肘の炎症でリーグ戦登板なし、4年生の春も右肘の疲労骨折で1試合の登板に終わるなど、故障に苦しんできた。

 1年目は57試合に登板して1勝3敗37セーブ8ホールド、防御率2.05の堂々たる数字で新人王を獲得したが、昨年は右上肢のコンディション不良などで、大幅に成績を落としている。巻き返しを期した今年も、右ふくらはぎ痛による治療のため、春季キャンプを一時離脱している。無理は禁物の投手なのだ。さる巨人OBも言う。

「能力の高さに、疑う余地はない。でも、このまま守護神として起用し続けるのが、正解かどうか。配置転換も含めて考えた方がいいかもしれない。じり貧になってしまってはもったいない」

 阿部慎之助監督の起用法、判断が待たれるところだ。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代