スポーツ

「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」

 千葉ロッテの佐々木朗希が今季初の実戦登板。フォークとストレートだけで1回を1安打無失点に抑えた。

 2月25日、韓国ジャイアンツとの練習試合に登場した佐々木は、先頭打者へ154キロを投げると、改良版フォークで空振り三振に斬った。2人目には二塁打とされたが、後続を三邪飛、遊ゴロと打ち取った。令和の怪物は「ケガなく投げられてよかった。自然体で投げてどう課題が出るかを感じたいと思った」と語った。

 会場の沖縄県糸満市西崎球場は朗希フィーバーに沸き、開場した11時にはゲート前で約500人が長蛇の列を作った。熱気に包まれたが、そこに水を差したのが球場サイドの対応だった。佐々木が試合前に練習する様子などは、全てシャットアウト。観客からは「佐々木をもう少し近くで見たかった」「ブルペンを立ち入り禁止にする必要ある?」「こんなこと初めて」「なぜ見せてくれないのか」との声が漏れていた。スポーツライターが解説する。

「佐々木の特別待遇に、メディアやファンは不満を募らせています。ただでさえ早期のポスティング要求によって悪役イメージがついてしまっているのに、対応まで悪ければますます悪評が広がり、佐々木にとっても損になるだけです。佐々木自身が悪いわけではありませんが、もう少しファンサービスをしたら、印象は変わってくると思います」

 佐々木は野球ファン以外への認知度が低いといわれるが、こんな理由もありそうだ。

「球団が囲い込みをしているのか、相変わらずファン対応やメディア対応は限られた場だけ。人間性や意外な一面、考えていること、生活ぶりなどがほとんど見えてこないため、ファン獲得は予想以上にうまくいっていない。佐々木を守ることばかりを考えている広報下手なロッテには、宝の持ち腐れですよ」(前出・スポーツライター)

 球団が大物選手の扱いに慣れていないだけなのか。これだけの逸材を活用できないとは、ファンにとっては淋しい限りである。

(田中実)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから