スポーツ

ロッテ・佐々木朗希「20勝元年」の「軟体タコ投法」(1)オープン戦から163キロの覚醒

 開幕を目前に控え、ファンの興味が一斉に「怪物の覚醒」に注がれている。プロ3年目、満を持して本格始動する、弱冠20歳の投手は大化けするか。記念すべきシーズンが始まろうとしている‥‥。

 まさに無双状態。プロ野球ファンには言わずもがな、ロッテの佐々木朗希(20)のことだ。オープン戦など今季3試合の実戦登板では無失点(3月17日現在)。自己最速の163キロストレートや150キロ近いフォークで打者を三振に切って取る姿は、圧倒的なスターのオーラを放っている。

 昨季終盤から気配はあったと語るのは、パ他球団のスコアラーだ。

「楽天とのクライマックスシリーズ初戦、則本昂大(31)と投げ合った試合でした。佐々木は2回に自身の一塁への悪送球で先制を許しましたが、その後はすぐに立ち直って毎回の10奪三振、6回1失点という好投を見せた。堂々たるピッチングを見て『これはモノが違う。来季は凄いことになるぞ』と震えたのを覚えています」

 事実、佐々木はプロ初登板となった昨年5月から、尻上がりに1軍打者に順応。最終的に11試合登板で3勝2敗と目立つ成績ではなかったが、10月の3試合に至っては、勝利数こそ1勝だったものの19イニングで自責点1、防御率0.47。奪三振率は12.79という驚異的な成績を残している。

 ロッテOBで野球解説者のギャオス内藤氏も、現在の充実ぶりを手放しで称賛する。

「エグいですよね。彼のように足を大きく上げるダイナミックなフォームは、一般的には球速重視でコントロールに狂いが生じがち。速球投手って球が高めにすっぽ抜けることも少なくないでしょう。ですが佐々木は、内も外もきっちり低めを意識してビシバシ厳しいコースを突ける。これが凄い。おそらく本人は『160キロ出そう』と思って投げていないんですよ。制球重視で、ストライクを取ることを優先している。それでも自然に160キロが出てしまっている。もう言うことなしですね」

 ヤクルト・奥川恭伸(20)やオリックス・宮城大弥(20)といった同級生に一歩遅れる形となったが、ようやく、同世代ナンバーワンと言われた素質が大きく開花したことは間違いない。スポーツ紙遊軍記者も口を揃える。

「昨シーズン中の佐々木は最速159キロで、結局160キロは出ませんでした。成長過程にある体力面を考慮して、フルパワーで投げていなかった面もありますが、それが今年は2月の段階で160キロですからね。長くプロ野球の取材を続けてきましたが、そんなピッチャーは他に思い当たりません」

 それを可能にした要因は2つある。まず1年目は体作りとフォーム固め、2年目は登板間隔を大きく取りながらの慎重な起用と、時に過保護とヤユされたチームの育成法。もうひとつが、プロ仕様に変貌した佐々木の「肉体の進化」だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意