芸能

吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(4)「くわえてしゃぶる」エロ俳句

「清純派」の称号とのギャップ。それは意外な場面でも露呈した。
 冨士眞奈美、吉行和子ら女優や文士も参加する句会でのこと。吉永がまだ20代の頃である。「今日はバレ句(色っぽい句)を詠みましょう」というテーマが出され、驚くべき俳句を発表したのだ。
「松茸は舐めてくわえてまたしゃぶり」
 中平氏が言う。
「周囲からは優等生と言われ、清純なイメージ。でも私にもこういう(奔放でスケベな)面があるのよ、というアピールでした」
 もちろん、秀逸作品(天・地・人、の天)に選出されている。
 濡れ場でも、ビックリするほどの積極性を見せたりする。例えば映画「天国の駅」(84年・東映)で、三浦友和に押し倒され、着物の胸に手を差し入れられるシーン。前出のジャーナリストが証言する。
「三浦にインタビューした際、『彼女は物凄い積極的で、もっと大胆にやってよ、と何度もダメ出しをしたんです。僕はもうタジタジになって、20回以上NGが出ました』と語っていました」
 称賛すべき女優魂というか、20回以上も胸を揉んだ三浦がうらやましいというか‥‥。一方で、ヌードになることには抵抗があったようで、
「例えば映画『青春の門』では、原作者の五木寛之氏が『なぜ脱がなかったんでしょうか』と言っていました。小百合ちゃんは『私は胸が小さいから、出してもしょうがない』と、斎藤光正監督に言っていたそうです」(中平氏)
 ちなみに、先の「天国の駅」の企画者・岡田裕介氏(現・東映社長)とはその2年後、彼の自宅から出て2人で車に乗り込んだところを写真誌に撮られ、大騒動に。それから彼女が変わっていったとの声もある。
「あの騒動以降、夫との別居説が頻繁に流れ、仮面夫婦ではないか、とも言われた。はっきりしているのは、ある頃、40代半ばあたりから、年下の男性に興味を持ちだしたこと。清原和博に私信を出し、東山紀之にはラブコールを送って対談相手をしてもらい、ラグビー界のスター・本城和彦(早大)を奇声を上げて応援する‥‥。彼女の中で何かがふっきれたんでしょうね」(芸能関係者)
 かなり昔から「人生二度結婚説」を唱えていることも見落とすことができない。一度目の結婚で失敗しても、もう一回恋愛して結婚すればいい、というわけだ。実際、大人の不倫純愛を描いた「時雨の記」(98年・東映)のインタビューでは、こう答えている。
「奥様方には叱られるかもしれませんが、家庭も仕事もすっぱり捨てて、この人と思った人と一緒に暮らそうとする。ある意味で男の人にとって理想だと思います」
 これは彼女自身に言い聞かせた言葉なのだろう。
 その言のごとく、そして男性遍歴のごとく、彼女には活気に満ちた映画界を取り戻すべく、「白鳥」ばかりでなく「黒鳥」も演じてほしい。今回の中平氏の著書は、そんな気持ちを込めた辛口エールなのである。
「これで怒るようではもうダメです。これは私からの、愛情を込めた最後のメッセージ」(中平氏)
 残りの女優人生を、はたして彼女はどう生きるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?