芸能

吉永小百合、言葉の端々に感じる「女優魂」

 最新作には「東映創立60周年記念作品」の肩書きがついている。大女優にふさわしい盛りつけであるが、実は「50周年記念作品」もまた、吉永の主演だった。助演に天海祐希、常盤貴子、高島礼子、松田聖子ら豪華な女優陣をしたがえた歴史絵巻「千年の恋 ひかる源氏物語」(01年/東映)である。

 ここで吉永は、物語の語り部たる紫式部に扮した。脚本は「夢千代日記」(81年〜/NHK)などで吉永の信頼も厚い早坂暁だが、監督は初めての顔合わせとなる堀川とんこうである。堀川を指名したのは、現在の東映社長で、かつて俳優だった時代にドラマで起用したことがある岡田裕介だったと言う。

「TBSでやったドラマが、結構おもしろかったという印象が彼の中にあったようだ。ただ、吉永さんとは仕事をしたことがなかったので『どうして僕を?』と岡田に聞いたら、『あんた、スケベだから』と言うんだね」

 真意はこうである。東映の京都撮影所に豪華な女優たちが次々とやって来て、それぞれに濃厚な濡れ場をこなしてゆく。こうした女優たちの“さばき方”に長けているのは堀川だろうという岡田の判断だった。

 堀川は引き受けはしたものの、やはり手ごわい女優たちだと思った。光源氏に扮した天海祐希に、次々と抱かれる設定なのである。早坂暁の卓越した脚本があればこそ乗り切ることができたと苦笑する。

「ただし、主演の吉永さんは『語り部』であるので、こうした情熱的な女優たちとは一線を画している。藤原道長に扮した渡辺謙との恋はあるが、あくまでプラトニック。そのため、静かな集中力を現場でも維持していた。セットに入る時間も早かったし、自分なりの芝居をいろいろ考えていましたね。私のプランとも大きな違いはなかったです」

 芝居は的確で、シナリオも熟読している。堀川は、その真摯な姿が吉永小百合の美点であり、また欠点ではないかと思えた。

 岡田社長からの指名がなければ、もともと「傷のあるリンゴのような女優」が好きな堀川にとって、吉永が持つ清潔感は無縁のはずだった。そんな印象が変わったのは、クランクインを前に何度か会話してのことだった。

「表には出さないけど、実は言葉の端々に“女優魂”が眠っていると感じたんですよ。ああ、こういう人だったのかと印象を新たにしました」

 吉永は堀川に対し、1つだけ注文をする。それは撮影の前に1本の映画を観ておいてほしいと─。吉永が選んだのは、2000年に日本でも公開された「ダンサー・イン・ザ・ダーク」( デンマーク) だった。人気歌手のビョークが主演で、失明の危機とともに運命を流転するシングルマザー役を烈しく演じた。

「なぜ、あの映画を観てほしいと言ったのか、今もわからないまま。吉永さんの中には、あの主人公をどこかで紫式部に重ね合わせていたのか‥‥答えは教えてくれませんでしたが」

 豪華な女優たちと芝居上のからみはなく、また女優たちの衣装や芝居の一切を意識することなく、静かな集中力のままに撮り終えていたという。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え