芸能

日テレ・水トアナの癒し素顔を徹底調査!(4)ムチムチボディもエロさはなし?

20150226o

 特に肉体アピールが激しいのが、「ヒルナンデス!」の金曜コーナー「ランキングクイズ」だ。MCの有吉弘行が「水卜ちゃんのムチムチヒント」と称する、水卜アナのジェスチャーヒントが定番化しており、必要以上に激しい動きを繰り出している。

 ある時は、腰を前後左右に動かし、推定90センチのヒップをぶるんぶるんとピストン。またある時はキュロットがめくれ上がるほど脚を蹴り上げ、太腿肉を露出させることも。しかし見どころは下半身だけではない。

「胸チラや、胸を強調するタイトなニットを着用することが意外に多いのです。大きくはないのですが、上半身の肉づきと相まって、色気を感じさせますね」(丸山氏)

 ジェスチャーヒント中は無防備に上半身を動かすことから、マシュマロのような谷間とD乳の揺れは日常茶飯事だ。

 そんな水卜アナの真骨頂といえば、つきたての餅のような二の腕だろう。

「これは夏に多いのですが、ノースリーブを着る時は必見です。まさにムッチムチで、目にすると思わず触りたくなるような柔腕なのです」(丸山氏)

 いつも近くにいるスタッフはさぞムラムラするに違いないと思いきや、そうでもないというのだ。

「彼女に女を感じるスタッフは皆無です(笑)。昨年秋頃に狩野英孝さんに連絡先を聞かれた時もサラリとかわしたそうで、意外と男扱いがうまいのでは? と話題になりました」(日テレ関係者)

 普通なら「お高くとまっている」と思われそうな男あしらいも、水卜アナだけは許されてしまう。

「女子アナといえば、かつては美貌と高学歴を兼ね備えた高嶺の花といったイメージでしたが、最近では女優やタレントもそうであるように、憧れよりも“親近感”のほうが、有名人の人気バロメーターの重要な要素となっています。そうした意味では、かつての大橋未歩アナのように、イジられても笑顔を絶やさず、気さくで嫌みがない水卜アナに人気が集中するのもうなずけます」(三杉氏)

 5本のレギュラー番組を持つ超売れっ子となったが、出演番組を見れば今後も老若男女を問わず好感度トップを独走する気配が濃厚だ。

「ヒルナンデス!」⇒主婦層に強い

「幸せ! ボンビーガール」⇒女性層に強い

「有吉ゼミ」⇒男性層に強い

 もはや無敵状態の水卜アナ。「好きな女子アナ」殿堂入りまで待ったなし!

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?