芸能

祖父・竹下登から続く鬼門!?DAIGOと「マラソン」の浅からぬ因縁とは?

20150530daigo

「HMで‥‥走ります」

 5月26日、生放送中にDAIGO(37)は、お得意のイニシャルネタでオファーを快諾した。これで、今年の「24時間テレビ」のチャリティマラソンランナーが決定したわけだが‥‥。

「サプライズオファーは話題作りのための演出であり、1週間の猶予も何もDAIGOが快諾するのは、最初から規定路線と見られていました」(芸能記者)

 多くの芸能マスコミは驚かずに、この日を迎えた。

 ところが、あらぬ場所ではオファー受諾に驚愕していた。その場所とは永田町。DAIGOの祖父は故・竹下登元首相である。その因縁が驚愕を呼んだという。

 政治部デスクが言う。

「竹下氏は87年に中曽根康弘氏から禅譲される形で総理となったのですが、その際に、安倍晋太郎氏(故人)と宮沢喜一氏と三つ巴の後継争いを繰り広げた。結果、竹下氏が首相後継を勝ち取るのですが、16時間におよぶ密室会談の末の決着だったため、『密室マラソン』と新聞各紙が大批判を展開した。以来、竹下家ではマラソンは鬼門とされていただけに、DAIGOが本当に迷っているのではないかと、永田町では言われていました」

 竹下氏は総理就任の晩に帰宅して、「アイムソーリー、僕ソーリ」とギャグを飛ばした。今や、DAIGOの持ちネタの1つとなっている話だが、「密室マラソン」を駆け抜けた“ランニングハイ”だったことは想像にかたくない。

 大批判の中、政権をスタートさせた竹下氏だが、リクルート事件の余波で、1年半の短期政権で終焉。竹下氏は闇将軍よろしくキングメーカーとなった。

「それもつかの間、92年には『佐川急便事件』が発覚し、“ほめ殺し”による『皇民党事件』まで露呈して、竹下氏は失脚します。その際、野党は『竹下流でいく』として『マラソン演説会』という批判集会を開催。さらに市民団体も『マラソンリレー抗議』という活動を展開しました。最後まで『マラソン』の4文字に苦しめられた政治家でした」(前出・政治部デスク)

 マラソン当日は恋人の北川景子の誕生日。ゴールで待ち受ける演出が噂されているが、DAIGOが待ち望むのは、完走して祖父のタブーを破ることかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」