芸能

「ヤメゴク」惨敗に続いて…不運な女優、大島優子に再びのしかかる「逆境」

20150717oshima

 元AKB48で女優の大島優子が15日、小田急電鉄喜多見電車基地で行われた映画「ロマンス」(8月29日公開)のPRイベントに出席。ロマンスカーのアテンダント姿を披露した。

 本作は、新宿と箱根を往復する特急ロマンスカーでアテンダントとして働く鉢子(大島)を主人公に、たった1日の出会いと別れを描いた小さな旅物語。大島にとっては、AKB48卒業後初の主演映画となる。

「箱根を舞台に小田急グループの全面協力のもと、実際のロマンスカー車内や駅構内を使って撮影されたことも話題となりました。しかし、現在の箱根は大涌谷が閉鎖され、噴火警戒レベルも引き上げられたことで観光客が激減。街は閑散としています。また、箱根湯本駅に向かうロマンスカーも、小田原を過ぎると一気に乗客がいなくなるという状況です。なんとかこの逆境を“大島効果”で盛り返せればいいのですが‥‥」(映画ライター)

 昨今の大島たるや、なにかと逆境が続いている。前クールでは初主演ドラマ「ヤメゴク」(TBS系)が、視聴率王・木村拓也の主演ドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系)の裏番組として放送され大惨敗。苦渋を味わったばかりだ。

「『ヤメゴク』も放送前から逆境と言われていましたが、予想通り太刀打ちできなかった。内容自体は堤幸彦監督のファンにも受け入れられ、好評だっただけに残念です。そこに来て今回の箱根を舞台にした映画ですから、そのタイミングの悪さには“不運”と言われても致し方ないものがある。本人はそう思っていない“たくましさ”があるのが救いです」(前出・映画ライター)

 この日、大島は「本日は小田急ロマンスカーをご利用くださいまして、ありがとうございます」と、板についた車内アナウンスも披露。18日からは、大島による車内アナウンスが実際の車内で放送されるという。

 風評被害に悩む箱根の街が、大島の美声で活気を取り戻すことを願いたい。

(米沢のしろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった