芸能

芸能界ピンチヒッター裏・物語(1)

ドラマ編
上野樹里→井上真央「花より男子」
「『TBS版のだめ』頓挫のとばっちりで・・・」
石原さとみ→綾瀬はるか「世界の中心で、愛さけぶ」
「頭剃るのが嫌」で別スケジュールを優先!?


 生き馬の目を抜く芸能界で、その役、その座を得られるかどうかはまさに死活問題。誰かの「代役」が回ってくるという運命のいたずらは、千載一遇のチャンスなのか、はたまた挫折のワナなのか。意外や意外のピンチヒッターたちの「代役」を巡る数奇な人間模様をお届けしよう!
 芸能界の力関係が配役に大きな影響を及ぼすドラマだが、意外にも代役が活躍するケースは多い。ピンチヒッターたちの中には千載一遇のチャンスをみごとにモノにし、大ブレイクを果たす者もいる。


 今や人気若手女優の一人となった綾瀬はるか(25)だが、デビュー当時は一介のグラビアアイドルにすぎなかった。そんな綾瀬が女優へとステップアップするキッカケとなったのが、04年にTBS系で放送された「世界の中心で、愛をさけぶ」だ。
ベストセラー小説を原作にした同ドラマは、放送開始2カ月前に映画版が公開され、ヒロインの廣瀬亜紀役を長澤まさみ(24)が演じて話題を集めていた。
 当初、ドラマ版には石原さとみ(25)が出演する予定だったが、別のドラマのスケジュールのために断念。急きょ行われたオーディションで選ばれたのが、石原と同じホリプロ所属の綾瀬だった。とはいえ、当時の綾瀬は「僕の生きる道」などでドラマ出演こそしていたものの、女優としての実績はほとんどなく、ヒロイン役への抜擢には懐疑的な見方も多かった。
 だが、綾瀬は髪を剃り、シーンによって体重を増減させるなど女優魂を見せつけて、白血病に冒されたヒロインを熱演。体操服姿での巨乳ぶりも話題となった。「石原は、当初から看板女優として期待されていただけに、降板の真相は“髪を剃るのが嫌だった”ためと取りざたされました。一方、綾瀬はグラビア要員の一人でしたからね。それがあの作品をキッカケに立場が逆転しました」(芸能評論家・三杉武氏)
 同じく、急転直下の代役でブレイクを果たしたのが、昨年はNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」の主演や紅白歌合戦の司会を務めるなど大活躍した井上真央(25)だ。
 井上の出世作といえば、05年にTBS系で放送されたドラマ「花より男子」だろう。井上が演じた主人公・牧野つくし役は、上野樹里(25)が演じる予定だったのだ。

 当時、TBSは上野を起用して人気漫画「のだめカンタービレ」のドラマ化を計画。ところが、主人公を“のだめ”ではなく、「V6」の岡田准一(31)演じる男性の千秋にしようとしたところ、原作者からのNGで頓挫した。
 そこで代案としてドラマ化が浮上したのが、同じく人気漫画を原作にした「花より男子」。さすがに、上野をスライドさせるわけにもいかず、主演に抜擢されたのが、01年放送の同局の昼ドラ「キッズ・ウォー3~ざけんなよ~」に出演していた井上だった。
 その井上は学業専念のために芸能活動を休止していて、復帰したばかり。突然のゴールデン主演には不安の声もあったが、結果は平均視聴率20%超えの大ヒット。同作は映画化もされ、井上自身ののちの活躍にもつながった。
 代役をキッカケに主演も作品も“大化け”したのが、32年間にわたってシリーズが続いた国民的ドラマ「3年B組金八先生」。 当初、主役は「きみの朝」が大ヒットしていた歌手の岸田敏志(58)で放送されるはずだったが、多忙なコンサート活動がネックとなり、代役に名乗りを上げたのが、同じ芸能事務所に所属し、教員資格を持っていた武田鉄矢(62)だった。
 放送開始当時、裏では人気番組の「太陽にほえろ!」や「ワールドプロレスリング」が放送されており、それほど期待はされていなかったが、武田演じる熱血教師と個性豊かな生徒たち、中学生の妊娠など衝撃的な題材が話題に。同局を代表するお化けドラマとなり、武田も俳優として確固たる地位を築くことになった。
 他にも、名作と呼ばれるドラマでは代役が意外な(?)好演を見せているケースは多い。
 織田裕二(44)が“トレンディドラマの金字塔”と言われるフジテレビ系「東京ラブストーリー」に出演したのは、永尾完治役に内定していた緒形直人(44)が、ヒロインの赤名リカを鈴木保奈美(45)が演じることに「格が違う」と難色を示したことがキッカケ。
 また、「ドジでノロマな亀」のフレーズが流行した大映ドラマ「スチュワーデス物語」も、主演は小泉今日子(46)が演じる予定だったが、多忙を理由に断念。「同じ82年組の堀ちえみ(45)にお鉢が回って、奇想天外なストーリーと、堀の“ドジでノロマ”な役作りが絶妙にマッチし、ドラマ界に名を刻む作品となりました」(芸能記者)

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
4
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
5
「四大陸選手権優勝」宇野昌磨、ファンをキュンキュンさせた「疲労困憊」画像!