芸能

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<映画・ドラマ部門>「朝ドラ“マッサン”のケイトは下積み時代に…」

20151217e

 まず、タレントの徳光正行氏がグイ推しするのは、シャーロット・ケイト・フォックス(30)。NHK朝ドラ「マッサン」では貞淑な妻エリーを演じたが、アメリカ下積み時代に出演していた映画「誘惑のジェラシー」では一糸まとわぬ姿で演じてマ~ス。

「見た目は日本人好みのおとなしい人形のような女優ですが、体つきのほうも実に日本人好み。わびさびのあるつつましやかなバストが印象的です。過激なプライベートを送っているハリウッド女優とは一線を画す、日本人の情念に訴えかける色っぽさを持っている貴重な外国人だと言えます」

 芸能評論家の佐々木博之氏もこれに追随する。

「尾野真千子、吉高由里子、波瑠、このところ朝ドラヒロインは過去に濡れ場やヌードを披露しているケースが増えている。世の男性は『マッサン』を見て、着衣の上から胸や尻の形を想像していたわけですから、この映画はまさにお宝作品になりました」

 これに負けじとドラマで奮闘したのが深田恭子(33)。「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)では女教師役ながら、毎回のごとく乳揺れシーンで魅せてくれた。アイドル評論家の織田祐二氏は、

「ベッドで半裸の男女が抱き合う番宣のポスターが衝撃的でした。ドラマ第1話からいきなり男と何度も求め合う大胆な背中を見せてくれましたが、いったい相手の男にはどこまで見えたのか‥‥。どこまでも想像が膨らみます」

 巨乳っぷりではさらに上手だったのが、上戸彩(30)である。「アイムホーム」(テレ朝系)で、男性視聴者の視線は上戸のバスローブ姿にロックオンとなった。ライターの尾谷幸憲氏が語る。

「私生活ではEXILEのHIROとの子を妊娠中だっただけに、ドラマが進行するにつれ、バスローブからこぼれ出る臨月乳がどんどんデカくなっていくのがリアルでした。あの巨乳がチューチュートレインされているのかと思うと、夜も眠れなかった。視聴率が低迷しているドラマ界で、まだまだ上戸の復活着衣エロスには期待したいところです」

 トップ女優が濡れ場をためらっているところで、出し抜けに過激濡れ場を演じたのが、空手家でもある武田梨奈(24)だ。映画「木屋町DARUMA」では親の借金のカタに風俗に身売りされる女子高生役を体当たりで演じた。佳作を“接して漏らさず”目撃していたのは前出・徳光氏だ。

「クレディセゾンのCMでの頭突き瓦割りの印象が強かっただけに、アクション路線でいくのかと思ったら、娼婦に堕ちていくさまがみごとでした。彼女の特徴は淫靡な脚。おっぱいこそ見せていませんが、スカートの中に顔をグリグリ埋め込まれて悶絶するシーンはリアルな素人AVのようでした。今後も肉体でのし上がってほしい一人です」

 さらに大外から一気にまくってきたのが一部週刊誌が「謎の美女」として売り出した祥子(30)。映画「D坂の殺人事件」でいきなり全裸、しかも緊縛エロスに挑んだのだ。

「畳の上での情事は、浮き出た2つの鎖骨がまぶしかった。女性上位で髪を乱して感じまくる場面は、自分の上にまたがられていると錯覚するほどリアルです。緊縛乳を相手の胸にこすりつけるドMプレイもグッときました」(前出・織田氏)

 榮倉奈々(27)主演映画「娚(おとこ)の一生」は、榮倉の足裏をトヨエツが舐める変態プレイが衝撃的だった。

「舐められてどのくらい感じたかを本人に聞きたいところですが、この作品でドS開眼したのなら、男たちに『お舐め!』と強要する女サド侯爵を演じていただききたい」(前出・尾谷氏)

 気鋭の若手女優に出し抜かれる前に、ぜひとも一考を。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明