芸能

古舘伊知郎の「報ステ」降板に日テレ局内はお祭り騒ぎ!?

20160108hurutati

 昨年12月に「報道ステーション」(テレビ朝日系)でキャスターを務める古舘伊知郎が、3月31日の放送で卒業することを発表し、話題を集めている。

 古舘は04年、久米宏の後を受ける形で同枠に抜擢され、約12年にわたってキャスターを務めてきた。後任については、同局の富川悠太アナや14年に同局を定年退職した渡辺宜嗣アナ、フリーの宮根誠司氏や羽鳥慎一氏などの名前が挙がっているが‥‥。

「うちとしては自社ないしは自社出身のアナを起用したいところでしょうが、宮根や羽鳥の線もあるんです。というのも、宮根や羽鳥のバックには“芸能界のドン”と呼ばれる大手芸能事務所の社長が控えているし、同社長の片腕とも言われる某出版社の社長がうちの番組審議会委員長を担当し、早河会長とも懇意の仲だからね」(テレビ朝日関係者)

 古舘の後任人事はいまだに難航しているようだが、その一方で気勢を上げているのが、ライバル局の日本テレビだという。日テレといえば、「報ステ」と同時間帯に「NEWS ZERO」を放送しているが、

「一時期は山岸舞彩のセクシャルハラスメント騒動で番組の打ち切りまで危惧されましたが、最近はTBSさんの『ニュース23』の不調も手伝って視聴率も悪くなく、『報ステ』も射程圏内ですからね。今回、古舘さんが『報ステ』を降板する一報が流れた時は、『これでニュース番組戦争でトップに立てる!』と局内はお祭り騒ぎでしたよ」(日本テレビ局員)

 後任キャスターしだいではテレ朝の大失速もありそうだが、はたして──。

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」