芸能

脱・古舘で女性層狙い、「報ステ」富川悠太アナ起用でテレ朝の一人勝ち時代が来る?

20160125tomikawa

 テレビ朝日の看板番組の1つ「報道ステーション」のメーンキャスター・古舘伊知郎が降板を表明してからほぼ1カ月が経ち、後任者が発表された。

 後任に抜擢されたのは、マスコミに流れていた名前の予想を覆し、同局の富川悠太アナが抜擢された。富川アナといえばこれまでも、報ステで古舘の不在時に代役を務めることもあった。だが、報道一辺倒のお堅いイメージではなく、「スーパーJチャンネル」では街ネタやグルメリポートなどを担当するなど、硬軟合わせ持ったアナウンサーだ。

 学生時代から野球に没頭。一時はプロを目指していたほどのスポーツマン。プライベートでは、よき夫、2人の子供の父親としてイクメンとしても知られている。

 今回の人事について、フリージャーナリストが言う。

「報ステの枠は、久米宏の時代はオフィス・トゥー・ワン、古舘になってからは古舘プロジェクトに牛耳られ、報道局との軋轢が少なからずありました。ですが、自局のアナを使えば、キャスターに対する高額なギャラがなくなるわけですから、取材費に回せます。ドラマが好調なテレビ朝日が、報道のさらなるブラッシュアップを図る、いいチャンスとなると思います」

 また、芸能ジャーナリストは「新たな視聴者獲得につながる」と言ってこう続ける。

「古舘はちょっと短気なところがあって、たびたび放送中に感情を露わに声を荒げることもありました。そこが男性視聴者の支持を得ていた部分でもありますが、富川アナの柔らかな雰囲気は女性視聴者獲得につながると思います」

 ドラマも好調なうえ、報道にも力を入れるとなれば、テレビ朝日の一人勝ち時代もそう遠くはないようだ。

(李井杏子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?