芸能

宮根誠司が報道ステーションの新キャスターにならないワケとは?

20160106miyane

 古舘伊知郎の3月降板が決定した「報道ステーション」(テレビ朝日系)にて、新キャスター候補の一人にあげられているフリーアナの宮根誠司。知名度やアナウンス技術では申し分なさそうだが、テレビ誌のライターは、宮根とテレ朝の縁が薄いことを懸念している。

「朝日放送(ABC)の人気アナだった宮根は、2004年の独立後もABCに出演し続けるかたわら、他局にも積極的に進出。現在は『ミヤネ屋』(日本テレビ系)と『Mr.サンデー』(フジテレビ系)でレギュラーを務めていますが、テレ朝に関してはVTR出演が1回あったのみでまったく出演していないのです。テレ朝と朝日放送は系列局なので余計に不思議ですね」

 通常なら東京のキー局と大阪の準キー局は親子も同然。ABC出身の宮根をテレ朝は快く迎え入れそうなものだが、実はこの両局、かつては相当仲が悪かったそうなのだ。週刊誌記者が教えてくれた。

「テレビ局としての歴史はABCのほうが長く、資本的にも親子というより兄弟に近い関係で、両社の関係はスムーズではありません。今でもテレ朝の情報番組がABCでは放送されないこともあるほどです。しかも古舘の出世作であるプロレス中継に関してはABCが制作協力を嫌がり、関西での試合はTBS系の毎日放送が制作していたこともあるほどです」

 これではテレ朝側がABC出身の宮根を敬遠しても不思議はない。しかも「報道ステーション」の制作には古舘プロジェクトが関わっているのだから、宮根だけは避けたいと考えても無理はなさそうだ。

「ABC出身の宮根がテレ朝との関係を知らないはずがありません。とはいえ、目立ちたがり屋の宮根ゆえ、無理だと分かっていてわざと、興味があるフリをしているだけかもしれませんね」(前出・週刊誌記者)

 そうだとしたら、宮根も大したタヌキである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」