エンタメ

なんてったって「ママドル」男は知らない最新勢力図!  サバイバルレース

紗栄子「ダルを応援に行くしたたかさが◎」
山口もえ「“不思議ちゃんママ”は違和感が」

 ここまで見てきたとおり、芸能界のママドル市場はヒートアップしている。はたして、サバイバルを制して、生き残るのは──。

 芸能レポーターの佐々木博之氏が、支持されるママドルの条件をあげる。

「一生懸命さと、幸せオーラですね。円満なら、夫の協力ぶりも好感度が高くなります」

 該当するのは、大沢あかね(27)、藤本美貴(27)、乙葉(31)といった面々か。

 その意味で、すっかり“嫌われキャラ”の紗栄子(25)は真逆だが、服飾ブランドでは失敗したものの、今年4月に発表したコスメブランドで復活の兆しなのだ。

「バッシングされても、ツアーを組んで『ダルビッシュを応援に行こう』なんて言える紗栄子は強い。こういう、したたかさも生き残るためには必要です」(前出・佐々木氏)

 さらに、出産ラッシュゆえに団結も鍵となる。先にも触れたように、神田うの37)の派閥形成は有名だが、芸能レポーターの城下尊之氏はこう予想する。

「手を組んでベビー用品や洋服をプロデュースする動きが出てくるかもしれない。最年長グラドル・ほしのあき(35)あたりがまとめれば話題性もあるでしょう」

 一方、「ママに求められているのは現実味です」と語る芸能評論家・三杉武氏は、山口もえ(35)が今後苦戦することを示唆する。

「ママドルが売れるには、同性に支持されること。しかし、不思議ちゃんキャラはそれにそぐわず、現実に今、露出は少ないですよね。先日、同じバツイチながら、再び玉の輿を捕まえた上原さくらと共演したイベントがあったのですが、山口は『さくらちゃんにアドバイスをもらって恋愛も頑張りたい』と話していた。やはり、ママドルとしてはかなり違和感がありましたね」

 現実感のなさでいえば、高田万由子(41)も同様だ。

「彼女の売りは『東大卒』ですからね(笑)。ただし、夫が才能ある音楽家であることもあり、彼女が芸能界から消えても、2人の血を受け継いだ2世がのちに活躍する可能性は捨てきれない」(前出・三杉氏)

 芸能界で生き残らなくても、何より皆、子供の幸せを願っているのだろう。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明