芸能

旬の美女アナ「オトコ争奪バトル」を火花実況(2)大谷翔平をめぐるバトルが勃発

 さらに、フジの局内では「球界の至宝」を巡って、より激しい“内紛”が繰り広げられているようだ。フジテレビ関係者が語る。

「火種はメジャーリーグのエンゼルスに移籍した大谷翔平(23)です。『大谷選手の嫁になりたい』と、うちの女子アナたちがバチバチと火花を散らしています」

 その一人が、現在「めざましテレビ」でスポーツコーナーを担当している久慈暁子アナ(23)である。

「出身がともに岩手県奥州市で同郷の仲。入社前から大谷と面識がある久慈が『最も大谷に近いアナ』と言われています。彼女自身も自覚していて、先輩社員から『大谷とつきあっちゃえば?』という軽口に『そのつもりです』とニッコリ笑って返していました」(前出・フジ関係者)

 いまだスキャンダルがない久慈アナに熱愛発覚となれば、局にとって一大事かと思いきや、

「女子アナにとって、華のあるスポーツ選手と近しい関係になることはマイナスではありません。業界の“ニュースソース”になることで、仕事に生かせる可能性も出てきますからね」

 とは女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏。この指摘を裏づけるかのように、局をあげて久慈アナをプッシュしているようで、

「上層部も久慈に大谷への接近を期待していて、メジャーリーグ開幕に向けて、渡米して単独取材を行う企画も進んでいます。会う機会は増えていくでしょう」(前出・フジ関係者)

 片や、嫁候補の対抗馬と目されるのが三田友梨佳アナ(30)だ。

「昨年末、西武の金子侑司選手(27)との破局が報じられましたが、三田アナもエンゼルスの本拠地・アナハイムでの大谷取材を直訴していたようです。三田アナは青山学院大学時代に野球部のマネージャーを務めた生っ粋の“野球選手好き”。高校時代から大谷にたびたびインタビューを行い、早くから『大谷ウオッチャー』を公言していました。金子との破局から『大谷狙いに切り替えた』と見るムキもありますね」(芸能記者)

 世界が注目する二刀流だけに、久慈アナと三田アナの一騎打ちでは収まりそうにもない。

「フリー転身して『スポーツLIFE HERO’S』でMCを務める加藤綾子(32)も黙っていないでしょう。ダルビッシュ有(31)らメジャー選手とのパイプもあるのでバカにはできません」(前出・芸能記者)

 大谷のメジャーでの活躍に、華を添えてくれそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
2
上戸彩、「絶対零度」月9で復活も過去に視聴者ブチギレさせた問題場面とは?
3
高橋真麻、Gカップ胸をテーブルに「置かせていただきました」写真の衝撃
4
伊藤綾子、「二宮と結婚間近はウソ」を証明する“芸能界の新たな動き”!
5
男女交際の温床だった!?山口達也「Rの法則」終了危機でアイドルファン歓喜