芸能

旬の美女アナ「オトコ争奪バトル」を火花実況(3)日テレ・水卜麻美が画策する「カレシ奪還プラン」

 フジ局内で嫉妬の炎を燃やしていたのは山崎夕貴アナ(30)である。

「先日、フジのアナウンサーが集った飲み会に、山崎アナと交際中のピン芸人・おばたのお兄さん(29)がそろって顔を出したのですが、山崎アナは『他の女子アナに彼氏を奪われやしないか』と警戒して、彼の横から一切離れなかったそうです。後日、山崎アナからその話を聞かされた他の出席者は『さすがに狙わないでしょ!』と爆笑したとか」(番組関係者)

 他局に目を向ければ、あの“殿堂入りアナ”もオトコ絡みで憤激しているという。

「日本テレビの水卜麻美アナ(30)です。15年に関ジャニ∞・横山裕(36)との熱愛が報じられましたが、その後、ジャニーズ事務所に配慮した日テレ上層部の説得もあって、会えない状態が続いています。共演していた『ヒルナンデス!』から朝の『スッキリ』へ異動したこともあって、横山への未練は完全に断ち切ったと聞いていたのですが‥‥」

 こう明かす日本テレビ関係者によれば、“復縁”への発奮材料となったのが、フリーアナの田中みな実(31)の暗躍。

「横山と田中の交際を確信したんです。昨春から噂が流れていましたが、周囲の話から、水卜アナ本人が断定に至ったのは昨年末のこと。彼女からすれば『別れたつもりはなく、田中に略奪されている』という認識かもしれません」

 そんな水卜アナがひそかに画策する「カレシ奪還プラン」は驚くべき内容だという。親しいスタッフに、

「気がねなくカレとつきあうには、フリー転身どころかテレビの世界から姿を消さなくては‥‥」

 こんな苦しい胸の内を明かしたというのだ。

 女子アナが悩ましい三角関係に陥りやすい背景について、芸能評論家の三杉武氏が解説する。

「最近は過重労働が問題視されているように、人気女子アナともなると多忙を極め、職場以外での出会いの機会が少なく、プライベートを充実させるのは難しい。結果、局員や番組で共演する芸能人、取材対象のスポーツ選手などとくっつくケースが多く、男性関係がかぶることにつながるのではないでしょうか」

 オトコ争奪の戦火はますます広がりを見せそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
3
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
4
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
5
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”