芸能

嵐・櫻井翔の定番ネタ「母子密着ぶり」に指摘される“結婚が遠ざかる”懸念!

 嵐・櫻井翔が家族の話題を持ち出す時に、圧倒的に多いのは、母親だ。「VS嵐」(フジテレビ系)のオープニングテーマで「引っ越しの思い出」が語られた、3月8日放送回でも他のメンバーが自分の引っ越しについてあれこれしゃべったのに、櫻井は率先して母親の話題を持ち出したのだった。こんな具合である。

「実家の引っ越しの時にさ、大学生か高校生ぐらいだったんだけど、当然親がいろいろパッキングするじゃない。ダンボールとか詰めたりさ。まあ、10代だし(自分は)やんないわけ。そしたら親は当然それは腹立つよね。だってやんないんだもん、オレ、何も。オレは引っ越し(の準備)は何にもやらない。もういよいよ1週間後なのに。家向かって、角曲がったら、2階からお袋がオレの物をずっと投げてる。 ごめん、ごめん、ごめん。 やります、やります、やります」

 この櫻井の語りを受けて、松本潤が、「ちょこちょこ出てくる櫻井母のエピソードすごいね、強烈」とアキレ返っていたが、櫻井は笑顔。こんな周囲がドン引きする櫻井ママのエピソードは数限りない。

「片付け嫌いの櫻井が自分の部屋の掃除をサボっていたら、部屋に散乱していた洋服すべてを廊下に出されていたり、母親に買ってもらったゲームの説明書をゴミ箱に放り投げたら、『私が必死で働いて買ったものに、何てことするの!』とブチ切れられ、馬乗りになった母親に謝らされたこともあったそうです。5歳の時に母親とケンカした際は、渋谷の街に櫻井を置き去りにして母親はさっさとバスで帰宅したこともあるとか。とにかくしつけに厳しい鬼母エピソードは枚挙にイトマがない。幼少の頃、10以上も習い事を強制されたのも、櫻井家の長男として立派に育てあげようという母親の決意の表れだったと聞いていますよ」(ジャニーズウオッチャー)

 もちろん仲がいい母と子。今年正月には、急きょ思い立って2人きりで母子旅行に出かけたり、櫻井が母親の誕生日をサプライズ仕立てで祝った。多忙な日々にもかかわらず、母親との連絡だけはしっかり取っているという櫻井。このべったべたの母子関係を忘れさせるくらいの女性に出会わない限り、結婚は難しそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?