芸能

吉永小百合の「過去・現在・未来」(4)ファンクラブ解散で大騒動

 浜田光夫(74)との「純愛コンビ」が「解消」となって以降、長いスランプに陥って伸び悩んだ吉永小百合(73)に、三人の有名サユリストが「再生」の手を差し延べた。大御所作家、写真家、編集プロデューサーがそれぞれ極秘の「個人授業」を開き、個別に「講義」をしたのだ。例えば、大御所作家はホテルの部屋に小百合を呼び、バスローブ姿で待っていたり──。

 しかしそれも功を奏さず、時を同じくして、小百合は声が出ないという病気に悩まされる。結婚まで考えた渡哲也(76)と破談したショック(パリに傷心旅行に行ったけど‥‥)、両親との確執、多忙によるストレス、そしてスランプ‥‥。原因はいくつもあった。

 そんな時、「個人授業三人衆」に代わって登場した「救世主」が、小百合より15歳年上のテレビプロデューサー、岡田太郎だった。

 小百合は声が出なくなってからいろんな人が心配し、様々な医者を勧められて、喉に注射を打ったりもした。だが、どこに行ってもはかばかしくない。必死に声を出そうとしていたが、吉永家のお手伝いさんが、小百合が出演するテレビ番組を見て「声が出てませんね」と言った言葉が胸に刺さった。なにしろ、「ハーッ」と息を吐く延長みたいな声なのだ。

 小百合は旧知の岡田にも相談。すると、

「それは働きすぎなのが明白なんだから、休養するしかないだろう」

 という慰めのアドバイスが。

 小百合はスランプなのに、仕事は多かった。なぜなら吉永事務所はずいぶんと大所帯になり、スタッフが増員。彼らを養うため、輪転機のように働かざるをえなかったのだから、無理もない。

 岡田の進言をきっかけに、体調不良という理由で休養を宣言し、ファンクラブを解散した。それはファンクラブ会員のために開催していた、小百合を囲む茶話会の場で発表したため、ファンに取り囲まれ、大騒ぎになった。

 小百合は心を許すこのバツイチ年上プロデューサーと、半同棲生活を始める。渡との結婚が両親の猛反対にあい破談に追い込まれた苦い経験から、今度はその両親に決して知られないように──。

 小百合は実家の他に、習っていた日本舞踊の稽古のため、という名目で、東京・三田のマンションに仕事部屋を借りていた。本館と別館があり、一方に小百合が、もう一方の棟に恋人が住み、2棟を結ぶ渡り廊下を通ってコッソリと行き来をする。当時のマネージャーは、小百合の両親に2人の極秘交際を隠し通す役目を担っていた。そして28歳で、ついに結婚にこぎつける。

中平まみ(作家)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ