芸能

フット後藤や千鳥のノブだらけ?吉本芸人が指摘したお笑い養成所の深刻状況

 吉本興業のお笑いコンビ・ライセンスが3月19日、GYAO配信の「よしログ」に出演し、芸人の卵へ向けて警鐘を鳴らしている。

「最近、吉本のお笑い養成所NSCに通う、卒業間際のスクール生を相手に講義を実施したというライセンス・井本貴史は、現在の若手芸人が“先輩芸人の漫才やテクニックを学ぶ教材や映像などにいっさい困らない状況にある”としたうえで、『テレビで活躍する売れっ子の先輩を安易に模倣する傾向にある』と指摘しました。具体例としては『今で言えばフットボールアワーの後藤輝基さんや千鳥のノブが多い』とのこと。続けて『2人がどういった経緯で今のスタイルになったかの途中経過を見ていない。今の完成形を見てるだけだから、これは“ガワ(表側)”だけを見ているにすぎない。でも、今の時代は(ネットやYouTubeなどの普及により)“ガワ”だけを簡単に見れちゃうし、同じことを今からやってももう負けちゃうだけやから』と苦言を呈しました」(エンタメ誌ライター)

 本来、他人がすでにやっているスタイルをマネすることは御法度のはずだが、若手の間では、売れている先輩の完成形や表面のみを模倣することが蔓延しているようなのだ。

「井本の前に現れる若手芸人のスタイルは『常に知ってる誰か(に似ている)!』と嘆きました。その要因として、昔に比べて多くの先輩芸人が芸能界にあふれてしまい、すでにあらゆるパターンが出尽くしているため、カブりの現象が頻発していると分析しています。芸人としてのスキマ産業を狙うには年々難易度が上がっている現状を心配し、『オレらの時代よりも先輩芸人の絶対数が多すぎて。今の若手の大変なところ』だと最後には同情の念を込めていました」(前出・エンタメ誌ライター)

 お笑い界の世代交代は「潮流の否定と破壊で促進される」と言われる。現在、第一線で活躍する芸人のマネをしていては、頭一つ飛び出すことは難しいかも知れない。

(ジェイコヴ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”