スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ペルシアンナイトの変わり身期待」

 GIに昇格して2回目を迎える大阪杯が今週のメイン。それまでは産経大阪杯といって新聞社の冠名(産経新聞、大阪新聞の略)がついており、定量戦ではなく、GIを勝ったりして賞金が加算されると斤量は定量(牡馬は57キロ)以上を背負わされる別定戦での競馬。そうであっても、大きく荒れることはマレだった。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは2回(馬連1回)。1番人気馬は7勝(2着2回)、2番人気馬は2勝(2着2回)。1、2番人気馬でのワンツーは2度あり、比較的順当に収まっていたことを思うと、定量戦で争われるこれからは、より堅い決着を見ることになるのだろう。

 が、そうであっても何かと斜に構えたくなるのが穴党というもの。リスクは承知のうえで、やはり人気薄の馬に目をつけたくなる。

 その穴馬を名指しする前に、有力どころの名をあげてみようか。昨年の皐月賞馬アルアインを筆頭に、充実著しいウインブライト、復活なったサトノダイヤモンド、ジャパンC勝ちのシュヴァルグラン、ここにきて急成長を見せるスワーヴリチャード、紅一点スマートレイアーといったところだろうか。

 どの馬も肩書がすごく、GI戦にふさわしい顔ぶれと言っていい。

 そして、過去の傾向から人気サイドの競馬ということであれば、前記した有力どころのいずれかから入るのが馬券的な筋ということになるだろう。

 さらにデータをひもとくと、充実著しい5歳馬、上り調子の明け4歳馬が圧倒的に勝ち負けしており、6歳以上の古馬を主力に据えるのは得策とは言い難い。5歳馬であればサトノダイヤモンドということになるが、上がり目を思えば、強力なのは4歳馬。その筆頭はアルアインとスワーヴリチャードだ。

 しかし、他の4歳馬も魅力たっぷり。中間の状態、今週の追い切りの動きしだいでは「主役」の座を奪いそうな馬が少なくない。穴党としては、そうした比較的評価が低い馬に期待を寄せてみたい。

 最も狙ってみたいのは、4歳馬ペルシアンナイトである。先に評価が低い馬と書いたが、同馬は昨秋のマイルCS覇者。れっきとしたGI馬で、有力馬でないはずはなく、評価が低いという点については当然、異論はあると思う。

 が、どうだろう。このところの成績を見ると1600メートル~1800メートルがベストという見方が定まりつつあるのではないか。そうしたことで前記した馬たちに比べると、人気にはならないように思えるのだ。

 それでもこの馬は、一戦ごとに地力強化されてきており、2000メートルでも十分力を発揮してくれると期待できる。

 実際、皐月賞でクビ差2着なのだから距離の不安うんぬんは見当違いだと笑われるかもしれないが、いずれにせよ、狙ってみる価値は十分にある。

 今期初戦となった前走の中山記念は5着に敗れたが、3カ月ぶりの実戦だったことを思えば悲観することはまったくない。比較的緩い流れで前を行く馬同士で決着したレースだったが、勝ったウインブライトにコンマ3秒差だったのだから、使われての変わり身は大いに期待できるというものだ。実際、1週前の稽古の動きは軽快そのもの。大きく良化していることは確かだ。

 近親にゴールドアリュール(フェブラリーSほかGI4勝)など活躍馬が多くいる良血。阪神コースも1戦1勝と相性がよく、大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続く!?紅白出場バンドの逮捕情報に「信じられない!」とファン大混乱
2
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(1)マトリがリベンジに燃えるY
3
木下優樹菜がまた男に触らせてる!旦那無視のインスタ投稿は「ヤンキーの業」?
4
小島瑠璃子、「すっぴんインスタ」公開も「違和感ありまくり」の声噴出の理由!
5
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報