芸能

吉永小百合の「過去・現在・未来」(11)強さと烈しさは表現できない

 例えば、「霧の子午線」。岩下志麻と「二大女優の共演」と銘打っているけれど、私は当時あなたに、付き人がいる前で、「岩下志麻と逆の役がよかったわね」と言ったのを憶えています。岩下志麻は新聞社の女デスクで、若いツバメがいる。あなたはただしょぼんとしておとなしいだけの役。それがつまらないと思ったからでした。

「北の桜守」もそう。戦争、艱難辛苦、奮闘努力、有為転変、波乱万丈‥‥そんな道具立てに乗っかっているだけではないですか。ただただ耐えて耐えて、悲しく哀れ。そればかりで押してくるんですから。決まりきった「顔」が好きなんですね。そういう役をやすやすと受け入れるあなたを、複雑な思いで見ていました。

 そういえば、ある時、あなたは〈私に強さ、烈(はげ)しさは表現できないんです。無理なんです〉と書いたファックスを送ってきましたよね。あなたは女優、表現者でしょ。そういうことを言ったらおしまいじゃないですか。魔術師のように、いろんなものを出してくれないといけないのに。

 いえ、全てがいけないと言いたいわけではないのです。

「天国の駅」で死刑囚を演じましたね。あれはとてもよかった。「女ざかり」もそう。新聞社の女論説委員の役で、母親らしからぬ奔放なキャラクターでした。愛人役の津川雅彦と、海辺のホテルで密会する。のびのびとしていて、これで小百合は甦ったなと思い、拍手していたんです。あぁ、もう大丈夫だ、と。ところがそれからまた逆戻り‥‥というか、むしろ急降下してしまったな、と感じています。

 こんなこともありましたね。「青春の門」の一件です。

 浦山桐郎監督が初めて日活以外で作品を撮ることになり、あなたに出演のオファーを出しました。その時、あなたはちょうど、結婚のドタバタ、両親との相克もあり、ずいぶんホッソリとした体だった。だからあなたは浦山監督に「自分の柄ではありません。これは倍賞美津子さんのような人が合う」と、断りに行きましたね。炭鉱の町の女の役は確かに、あの時のあなたには合わない。

 ところが監督に「なんとか頼むよ」と請われて出演することになったら、案の定、似合いませんでした。原作を読んで、自分の役ではない、という分析ができるのは真っ当なことだと思います。でもやはり、受けてしまった以上は、もっとたくましさがないといけないのだと、私は思うのです。

中平まみ(作家)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
3
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?