社会

健康長寿県に学ぶギラギラ中高年の作られ方(5)早い段階からの「予行演習」

 こう見てくると、高齢者と社会とのつながり、そこに健康の大きな秘密がありそうだ。永山氏もその影響力を語る。

「地方には独自のコミュニティーがあり、それが健康長寿の一因になっているのは間違いないと思います。田舎では“講”と呼ばれるコミュニティーを舞台に、高齢者たちが集まって宴会などを行っている。その宴会というのも小難しいことを話すのではなくて、どちらかというと下世話。下ネタも多いです(笑)。性は生命の原点ですし、好奇心は脳を若返らせる。高齢者にとっては、いいことずくめですよ。しかも、地方ではいまだに家族で食卓を囲む家も少なくない。それも高齢者によい影響を与えているのでは」

 ちなみに永山氏の言う“講”だが、山梨県にも同様のシステムがあり、高齢者の生活と深い関係を持っている。山梨県では、いわゆる「無尽」がその役割を担っていた。

「基本的に職場だとか血縁だとかには関係のない人の集まりです。会費制で積み立ててそれを旅行や飲み会などに使う。山梨の場合、高齢者だけではなく、若い人も無尽をやっています。街の飲食店などの前に『ご宴会・無尽歓迎』という貼り紙が出ているほど、県内では浸透している。中には、一人で5つも6つもの無尽に入っている人もいます。毎日のように出かける人だっていますからね(笑)」(小田切氏)

 こうしたコミュニティーは何よりも、高齢者にとっての最大の敵である「孤独」「孤立」などから救ってくれるという利点がある。時として、ソーシャルキャピタルの網の目から漏れてしまう都会との差は、こんなところにもあるのだろうか。何も、積極的に参加する無尽などのコミュニティーではなくとも、自治会活動に顔を出すだけでも、孤立を避け、最低でも周囲の「見守り」を受けることはできる。健康長寿を守るため、地道な触れ合いには意味があるということだ。

 もっとも、コミュニティーで環境を維持していくにしても、健康な状態で晩年を迎えていなければ話にならない。そのための「道筋」として興味深いデータがある。それは05年に小田切研究室の大学院生が行った研究結果で、自立高齢者たちが、中年期にどのような生活行動をとっていたかという調査である。

「総務省のデータなど公的なものに基づき、自立した高齢者の20年ほど前の行動を調査したのです。その結果、彼らはそうでない人たちに比べて、中高年期に娯楽・趣味などに多くの時間を使っていた。それも、スポーツに時間を割いている人が多いことがわかりました。特にスポーツは一部の例外を除き、どのような競技でも、自立高齢者と関係していた。オールマイティーと言ってもよいでしょう」(小田切氏)

 つまり、年を取っていきなりコミュニティーに参加するのではなく、それより早い段階で「予行演習」をやっておくほうが好ましいということだ。もちろん、その行為自体が生活習慣病を未然に防ぐ手だてになっているのかもしれない。いずれにしても、高齢者になってから「どうしよう」と考えるのではなく、早めに行動することが重要なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!