芸能

仮面女子・坂本舞菜、整形費用をクラウドファンディング募集の“違和感”

 斬新な発想も、世間の反応を見る限り、反対意見のほうが大多数を占めているようだ。

 アイドルグループ「仮面女子」とYouTuberユニット「ピンククラッカーズ」のメンバーである坂本舞菜が、29日にYouTube上で「整形します。人生を変える決断をしました。」と題した動画を3月29日に公開し、話題となっている。同動画で坂本は顔面整形に否定的な考えを持っていたものの、コンプレックスを克服するために、親の許しを得て、埋没法による費用30万円の二重整形をしていたことを告白。そして、動画の後半ではふたたび整形をすることを報告。2回目の整形では口元のほくろを取り除き、目元もクマの除去や涙袋を作る注射治療を整える予定とのこと。しかも、カウンセリングから手術中、整形までの流れをすべて動画で紹介するとのことで、現役アイドルが実行するとは思えない発想なのだが、さらに驚きなのがその整形費用はクラウドファンディングで集めるということだ。目標金額は60万円。支援金額者には支援してくれた金額に応じてサイン入りチェキやサイン入り私物のプレゼントを予定しているというが、同動画の高評価と低評価の数を見ると低評価の方が連打されているのが現状。

 この企画について世間からは「整形するかは個人の自由だけど、他人から費用を募るのは非常識過ぎる」「推しメンがサイボーグになっていく過程を見て、喜ぶファンがどこにいる」「ちょっと共感してたけど、整形費用の詳細を知って、一気に萎えたわ」などといった声が上がっている。

「募集開始から約1日で11人の出資者から11万3000円の資金調達に成功するなど、その試みの背中を押すファンもいるようですが、冷静に考えれば、自身は整形費用を負担しないだけでなく、その模様を収めた動画を公開することで収益も手に入るというやり方のため、批判の声は多いようです。また、1回の整形では満足しなかったように2回目をやれば、3回目といった感じに美にドン欲になっていき、美容整形マニアのように変わってしまう可能性もありますから、ファンも本人のためを思うならあえて今回の企画に協力しないのも一つの手だと思います」(エンタメ誌ライター)

 同じ仮面女子ではタレントや女優としても活動する神谷えりなが、アキラ100%のネタを完コピしたり、ガチの給料明細を公開する動画をYouTube上で公開し、注目を集めることに成功している。しかし、奇抜さだけを重視してしまわないように気を付けてほしいものだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察