芸能

住田弁護士、批判を浴びた「イケメン無罪」発言騒動に“かき消された真意”

 コメンテーターで弁護士の住田裕子氏が番組内で性的ハラスメントに関する持論を展開。「女性としての正直な意見」と「弁護士としての冷静な見解」を示したものの、前者のストレートすぎる意見に多くの野次がネット上で飛び交った。

 ワイドショー番組「ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演した住田は、財務省事務次官による女性記者への性的ハラスメント騒動に関し、「もしもいやらしいおじさんが(自分の体を)触ってきて、“うふふ”とか言われたら絶対アウト」と述べると、司会の宮根誠司は「(触ったのが)福山雅治さんだったら?」と質問。すると「そうなんですよね。そういう時はOKです。一般論としてはダメだけど」などと回答し、「男性差別では?」といった問いかけには「そうです」とあっけらかんとしていた。

 ネット上では、法曹界に身を置く人間がある種の「差別」とも解釈され得る意見を展開させたことに対して驚愕の声が上がるとともに、当然ながら批判も続出。「テレビで弁護士が普通に男性差別を繰り広げる国になったのか、日本は」「とりあえず本音で話しすぎて、立場を忘れてる」「ここまでイケメンとブサメンをハッキリ区別するのはヤバイ」といった声が上がっている。

 オブラートに包むことなく、思いの丈を豪快に語った住田だが、宮根から「これでいいんですかね?」と尋ねられると、「これでは男性は女性に近寄ることすらできなくなってしまいますよね。何がダメで何がOKかっていうのを客観的なルールで決めていかないと…」とルールを決めないとハラスメント問題はなくならないと述べ、弁護士としての客観的な見解も示した。

 ひとりの女性と弁護士という2つの立場からハラスメントの問題を解析した住田だったが、前者のインパクトがあまりにも強烈となり、ヤユされてしまう結果に。彼女が真に伝えたい要旨は多くのブーイングによって、少なくともネット上では、かき消されてしまった格好だ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…