芸能

天才テリー伊藤対談「小松政夫」(2)植木さんの睡眠は1週間で10時間!?

テリー 小松さんは、なんで植木さんの弟子になることを選んだんですか?

小松 植木にも同じことを聞かれました。でも、そんなこと言われても、自分でもよくわからない。だから「“こっちがいいか、あっちがいいか”と考えて、こっちに来ました」と言いました。そしたら植木が、「うーん、わからない気がしないでもない。俺も坊主になるかミュージシャンになるか、ずいぶん悩んだけど、こっちがいいと思って来たから」って言ったんですよね。

テリー 小松さんが運転手になった時、すでに植木さんは日本一の人気者ですよね。

小松 そうです、「スーダラ節」の大ヒット後でしたから。私もいろいろなスターを見てきたし、話も聞きましたけど、もう植木はすごかったです。だって有楽町にあった日劇なんて、出口が1つしかないんですけど、そこに学生からお年寄りまで1000人ぐらいが出待ちしているんです。

テリー うひゃー、すごいなぁ!

小松 大変な人だかりで、まともに歩けないんです。で、普通なら女の子がワーキャーなんでしょうけど、植木の場合、おじいちゃん、おばあちゃんたちが出口をジッと見据えてて(笑)。で、そんな中を私が先陣切って「どいてくださーい!」って叫びながら飛び込んでいくんです。

テリー うわーっ、それ、怖いですよね。

小松 ええ、もしかしたら刃物を持った人が飛びかかってきて、ブスッといかれるかもしれないですから(笑)。だから、強行突破で行く時は、いつも必死でしたね。

テリー その頃、植木さんに休みはあったんですか?

小松 ありましたよ。1週間で10時間とか。

テリー ええーっ!?

小松 2日間完徹して、次の日4時間寝て、その次また完徹して、その次の日に3時間寝て、みたいなスケジュールですよね。だから車で移動する時は、植木はいつも寝ていました。

テリー それじゃあ、小松さんも寝る時間がないじゃない。

小松 まぁ、そういうことですね。でも、一切、ツライと思わなかったし、むしろ「こんなにうれしいことはない」と思ってましたよ。私、歩いている人たち全員に「俺、植木等の弟子なんだよ!」って言いふらして回りたいぐらいでしたから。

テリー フフフ、そういうところが、植木さんが小松さんをかわいがった理由なんでしょうね。

小松 私がいちばんびっくりしたのはね、昔、フジテレビの地下の廊下で鶴田浩二さんとすれ違った時なんです。向こうは大スターですから、お付きの人を4、5人連れてやって来るわけです。狭い廊下ですから、こっちは邪魔にならないように壁にペタッと張りついて、挨拶するわけですね。

テリー ええ、こっちはペーペーですもんね。

小松 そうしたら、鶴田さんが「キミが小松政夫か」って声をかけてくれて、「この前、植木さんと仕事をしたんだけど、1時間の昼休みのうち、40分はキミの話をしてたんだよ」って言うんですよ。

テリー うわぁ、そんなの泣いちゃいますね。

小松 泣いちゃいます。しかも、そういうことを言ってくれる人が、他にもたくさんいたんです。だから私は「生涯この人について行こう」と思ったわけです。一事が万事、そういう人でしたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え