スポーツ

エンゼルス・大谷翔平「24時間尾行」に巨額懸賞金

 破竹の開幕3連勝こそ逃したものの、メジャーで異次元レベルの活躍を続ける大谷フィーバーが止まらない。グラウンドでの「二刀流」のみならず、私生活の一挙手一投足までがメディアのターゲットとなったのだ。不振のイチロー、ダルビッシュとは好対照で、日本には伝わってこないメジャーの狂騒現場をレポートしよう。

 4月18日(日本時間)、エンゼルスの大谷翔平(23)が今季3度目の登板で初黒星を喫した。強力打線のレッドソックス相手に、2回3失点、66球を投げ、利き腕右中指のマメが悪化したことにより降板となった。それでも現地メディアは、〈指のマメが大谷を地球に戻した〉などと、宇宙レベルのポテンシャルを高く評価するのだ。

 現地で取材するジャーナリストが明かす。

「地元アナハイムでは大谷の背番号『17』をつけたグッズが大人気となっている。球場ショップでは、大谷のサイン入りユニホームに16万円の高値がつけられて売り出されています。また、ネットオークションでは、大谷のサイン入りベースボールカードが約300万円で出品されるなど、今後もさらにプレミア化する可能性があります」

 いまだ大谷人気は過熱の一途のようだが、過剰フィーバーは大谷の私生活に迫るなど勢いが止まらない。

「すでにゴシップ紙を中心に複数のメディアが、契約ライターやカメラマンに『オオタニに懸賞金をかける』『写真込みでオオタニのネタを持ってくればビッグマネーを支払う』と、わかりやすく日本円で言えば100万円単位の報酬をチラつかせて大号令をかけているんです。過去の日本人メジャーでいえば、ワールドシリーズでMVPを獲った松井秀喜ですらローカルスター扱いだった。ところが、大谷はシーズン開幕してわずか1カ月も経過しないうちに全米が注目するセレブ級のスター選手になったということなんです」(現地ジャーナリスト)

 かつては、ヤンキースで活躍したスター選手、A・ロッドもこうしたパパラッチたちのゴシップの餌食になったが‥‥。

「西海岸は特にハリウッドセレブなどをターゲットにつけ狙うパパラッチが大挙待ち構えているので、大谷は24時間態勢で尾行、監視され、狙われることになるでしょう。今のところハンサムガイとして報道されていますが、醜態をさらすような写真を撮られれば、オーバーに、よりショッキングな形で報じられることに。かつて、レッドソックスの名捕手だったバリテックも、選手食いで有名な女性レポーターとの男女関係をパパラッチされ、離婚危機にまで追い詰められたことがありました。大谷に限って間違いなど起こすことはないと球団も信用していますが、それでも、大谷人気にあやかろうと近寄ってくるセレブやレポーターを警戒して、『徹底ガードしろ』と厳戒指令が出ています」(現地ジャーナリスト)

 これまで酒、女での失敗は皆無。スキャンダルには鉄壁の守りを見せる大谷だけに、パツキン美女とのツーショット写真だけでもお値打ち価格となりそうである。

 さて、気になるのは中指のマメの具合についても同様だが、スポーツ紙デスクが説明する。

「実は大谷は日本ハム時代から何度も、同じ中指のマメを潰している。計3回マウンドを降りているが、16年7月のロッテ戦では、完全に皮がズル剥けて、先発ローテから外れ、次のマウンドに上がるまでに2カ月間かかりました。しかもこの年は先発復帰後、わずか2勝しかあげることができなかったという過去が思い出される」

 試合後の記者会見では、その「古傷」に質問が集中したが、

「マメは前の試合のあとからあったが、いけると思っていた。(試合では)もう少し投げられると思ったが、メディカルに早めに止められ、シーズン最初なので大事をとった。次の先発も予定どおり投げられる。(マメは)2年前の時ほど悪くはない」

 と、先発ローテを崩さない構えだ。

「幸いにも今回はマメが破れなかったため、マニキュアなどを塗って放置しておけば固まるでしょう。現状ではキャッチボールも行っており、次の登板も問題ないようです。とはいえ、もしマメが破れていたら放置することができず、ハサミで切り取って、下の皮膚をむき出しにし、乾燥させて、皮膚ができるのを待つしかない。となれば、特例扱いの中6日のローテを崩すことになったはずです。常時160キロを投げる大谷だけに、他のピッチャーとは指先にかかる圧力が違う。だからこそクセになっているのが気になります。また、スプリットで抜いた時にツメで親指の付け根の腹をひっかいて裂傷することもある。長期離脱はなくとも、指のケアには細心の注意が必要なのです」(スポーツ紙デスク)

 小マメが「二刀流」の災いとならないことを祈りたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」