芸能

もうこりごり! クロちゃん、またも医師団侮蔑発言に「いっそ消えて」の声

 そのクズっぷりは死ぬまで直らない?

 安田大サーカスのクロちゃんが、バラエティ番組「明石家さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演。自身を気遣ってくれる医師団に対して、ふたたび暴言を吐き、共演者、視聴者から批判を浴びている。クロちゃんは医療バラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で、血液検査の結果、2型糖尿病など6つの病気にかかっており、突然死のリスクもあると診断され、同番組最新回では余命24年を宣告されている。この日、番組では、団長安田がその事実を紹介すると、クロちゃんは「死なないです!あんなワケわからない医者が言ってるだけじゃないですか」と、同番組に出演する医師団を批判。

 その根拠については「医者が10人くらいいて、産婦人科とか精神科とかいろいろいるのに、みんなが同じ感じで『死ぬ』なんて言うのは絶対おかしい」と主張。そのうえで、「あいつら適当なこと言ってる」「産婦人科の女がそんなわかるワケがない」と、医師団批判は止まらなかった。

「『名医の──』の医師団はカメラが回っていないところでも、クロちゃんを気遣い食生活を改善するように忠告していたようですが、以前も別番組で医師団について『アイツらうるさいからマジで』と失礼発言をぶつけていた。さらにその時には『泣きマネする女もいるから』と、クロちゃんのために涙を流してくれた特定の女医をけなす発言もしていました。最近では教育入院を経験したことで、多少は自身が直面する問題に向き合っているようにも感じていましたが、根っこのドス黒い部分はまるで変わっていなかったようですね」(エンタメ誌ライター)

「名医の──」に出演した時には改心したかのような雰囲気を見せつつも、他の番組では医師団の悪口を言うという決まりきった流れに世間からは「いい加減、本気でムカついてきた」「無理だとわかってても、仕事だからこんなクズの心配をしないといけない医師団が可哀想」「いっそのこと、業界からも消えてくれ」などといった声がネット上であがるなど、その嫌われ具合もピークに達しているようだ。

 炎上タレント路線としては大成功といっていいだろうが、大事になってから医師に対しての暴言を後悔することにならなければいいが…。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性