スポーツ

高橋監督よりも偉い?岡本和真の4番昇格は“牢名主”阿部慎之介が決める

“生え抜きの新4番バッター”が誕生するか否かは、ベテラン・阿部慎之助の決断次第だ。

「チーム内外から岡本和真の打順に関する議論が交わされています。プロ4年目でようやくその才能が開花しました。今こそ、岡本を4番に昇格させて鍛え上げるべきだと主張する声と、4番は時期尚早という慎重論の両方が聞かれます」(チーム関係者)

 5月のGW期間を明けた時点で、高橋由伸監督は4番バッターを3人選んでいる。ゲレーロ、マギー、そして、阿部だ。4番はチームの顔であるが、外国人選手やベテランに託したままでは未来はない。「若い岡本に、勉強を兼ねて」と推す声もわからなくはないが、高橋監督は首をタテに振ろうとしない。

「もし、高橋監督が岡本の4番を本気で考え始めたら、真っ先に相談するのは阿部でしょうね」(前出・チーム関係者)

 高橋監督はペナントレース直前、2つの決断を下していた。一つは、オープン戦終盤になっても調子の上がってこない阿部をスタメンから外したこと。これによって、「一塁・岡本」のスタメンが決まったのだが、それだけではない。高橋監督は選手控室のロッカーの位置を変えさせた。阿部のロッカーのすぐ隣を岡本にしたのだ。

「若手時代の阿部も、隣のロッカーが木村拓也、大道典良のベテランでした。両ベテランに叱られることもあれば、チームを牽引する主砲の責任みたいなものを教わったんです」(ベテラン記者)

 他の若手を呼び寄せ、叱咤することもあるそうだ。一見、「牢名主」のようだが、前任者・原辰徳氏がかつて言った言葉も思い出される。「今の巨人は阿部のチーム」。高橋監督が「4番岡本」のゴーサインを出すのは、阿部のお墨付きが出てからになりそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”