芸能

“アンチ激増”松本人志、それでも「ワイドナショー」をやめられない理由

 激しい視聴率争いを続けている日曜朝10時の人気番組といえば「サンデー・ジャポン」(TBS系)と、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)だ。4月15日の放送では「サンジャポ」(TBS系)の9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)に対し、「ワイドナ」は8.4%とその差1.5%。まだ「サンジャポ」の壁は厚いようだ。

「松本は、深夜枠からの昇格を訝しがっていました。もともとここの時間帯は『笑っていいとも!増刊号』が放送されていた枠。つまり言ってしまえば再放送なわけです。しかも若手時代にケンカ因縁のある爆笑問題・太田光が裏番組に出ている。松本としては、当面は視聴率的に超えられないと踏んでいたでしょうから、やりづらかったでしょう」(芸能ライター)

 だが、思いのほか松本の発言が視聴者に“刺さり”、毎週ネットニュースに掲載されるなど、みるみる視聴率が上昇。ベッキーが出演した2016年10月9日は平均10.4%と、初めて「サンジャポ」を上回った。この時はまだ良かったのだが……。

「『ワイドナ』が認知されるにつれて松本のアンチも激増。一時は6%台に落ち込みました。さらにおのずと『サンジャポ』との差が開くにつれて、『自分ただのコメンテーター』と言ったり、編成の都合により休止が多くなると『そろそろ番組もいいんじゃない?』などと、逃げの姿勢をあえて見せて、やる気のなさを示し始めたのです」(業界関係者)

 だが、松本にとってこの「ワイドナ」は重要なものという声もある。

「それまでほとんどコンビでのCMが多かった松本が立て続けにゆうパック(日本郵便)、タウンワーク(リクルート)、MARUCHAN QTTA(東洋水産)というナショナルスポンサーのキャラクターを務められるようになったのは、この『ワイドナ』で若者層の支持が増えたためと言われています。つまり、人気の起爆剤となったことを認めざるをえない『ワイドナ』を松本自身が見捨てるのはありえないというわけです」(前出・芸能ライター)

 それにしても「ワイドナ」が、常勝「サンジャポ」に勝ち続けられる日は来るのだろうか。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?