社会

絶対食べてはいけない!寿命を縮める「危ない外食・ヤバイ食品」最新事情とは

 平日の昼は定食やラーメン、カレー、回転寿司。夜は大衆居酒屋。そして休日は家族サービスでファミリーレストランへ。世のサラリーマンたちの外食生活は、少ない小遣いをやりくりしながら、いかに安くて旨いものを探すか、にある。

 ところがそうした店で出される食事が「危ないもの」だらけだったとしたら、どうだろう。そんな驚愕の最新実態をレポートしているのが、5月15日発売の「週刊アサヒ芸能」(5月24日号)だ。

 例えば、1000円もしないランチステーキ定食。

「これはインジェクションといって、肉に剣山のような100本以上の注射針を刺し、牛脂を注入したもの。これにより、人工的に『霜降り』ができあがるんです。ステーキのみならず、柔らかい豚カツも、百数十本の注射針を刺して筋切りをしながら、液体を注入して増量されたものが多い」(食品と暮らしの安全基金・小若順一代表)

 最大の問題は、大腸菌の行方にある。牛肉の表面には、値段に関係なく、O-157(腸管出血性大腸菌)などが付着しているが、内部には菌がない。ところがインジェクションを施すことで、表面に付いた菌が肉の内部に入り込んでしまう。それをレアやミディアムで焼くと菌が死滅せず、食中毒になる可能性が高まるのだ。

 仕事終わりに一杯やって帰ろうとしても、居酒屋のサラダのキャベツが「混ぜるな、危険!」と書かれた家庭用漂白剤と同じ殺菌力の液体で洗浄されていたり、にがりの代用品を凝固剤として使用した大豆モドキの冷奴があったり…。カレーにいたっては、家庭で作るそれとは似ても似つかぬ「工業製品」のごときものでミネラル不足に陥り、うつ病、睡眠障害、認知症などの発症リスクに見舞われるという。

 この他、外食における健康被害必至の舞台裏を、食品のプロが解説している。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
2
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
3
「胸の渓谷」ガチ見え!深田恭子、Fカップ揺らし踊るスケート動画が艶っぽすぎる
4
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
5
南明奈 「ノロケまくり交際」よゐこ・濱口にジャニーズ元カレが嫉妬?